夫と忘年会。

窓拭きが済んだらもう大掃除は終わった気分。だってさぁ、仕事場とかほぼ仕事場になってる座敷とか、もう片付かないんだもん。まだまだお仕事も終わらないし、材料買ったから物は増えたし、ぜんぜん片付かないわよ。片付かないと掃除もできないし、窓さえきれいになったらあとは気が向いたら棚など拭いて終わりにしよう。

秋から12月に掛けては織物の仕事が忙しいので、夫とゆっくり食事をする時間もなかったけれど、年賀状と窓拭きさえ終わったら、やっぱり忘年会しなくちゃね!

というわけで、久しぶりに行ってきました、アラメゾン。年末だからか、お客さんがいっぱい。カップルや家族で、みなさんちょっとおしゃれして、それぞれに忘年会を楽しんでいて、良い景色だなぁ〜。もちろん、わたしもアラメゾンに行く時はメイクもして、服も着替えます。
普段は紬でどこでも行くけど、今日は忘年会なので柔らかものを着ました。

帰宅後の撮影。
IMG_6575.jpg
母の妹、美人の叔母から譲ってもらった紅型の着物に総絞りの羽織。絞りの羽織は暖かい。総絞りの羽織は一時期流行ったんだと思う。着物の八掛の色と羽織の色がよく合っている。袖丈もピッタリなので一緒に誂えたのかもしれません。同じ人のコレクションからの頂き物はテイストが合っていて着やすいです。おばさん、ありがとう。

IMG_6576.jpg

羽織を脱いだらこんな感じ。帯はいつぞや豆ぶどうさんで衝動買いした組みの帯。ちょっと長くてお太鼓が大きくなってしまうけれど、ちょっと普通にはない感じの帯でお気に入り。長い帯を苦労して締めたけど、羽織を着てたのだから半巾帯でも良かったなぁ、と思うのでした。お太鼓結びって地味にめんどくさいわよね。帯締めは違う色のほうが良かったなぁ。写真を撮ると色々反省点がわかって面白いですね。着方についてはあまり突っ込まないでね。

着物は洋服と違ってリアルな流行にあまり左右されずに手持ちの物や好きな物が自由に着れるところがいい。もちろん、みんな着物を着ていた頃は流行で袖の長さが変わったり、羽織を着ないとみっともなくて表を歩けない雰囲気があったりしたようだけど、今は何でもアリ状態なのだと思う。むしろ、好きな着物を好きな風に着ることが今のスタイルだと思う。

わたしは立派な中年女性なので、着物を着るとオクサマ度がアップするような気がします。もちろん、着物を着てるだけで年齢アップに見えるので、洋服よりもオバサマ風になりますがオバサマ上等じゃございませんか。

久しぶりのアラメゾン、ゆっくり寛いでお料理いただきました。

IMG_6572.jpg
サラダには里芋、レンコン、カブ、サツマイモの焼いたのが付いている。

IMG_6573.jpg
折笠農場のジャガイモ二種。ヌーボーのオリーブオイルとパリパリした美味しいお塩を添えてありました。ヌーボーのオイルは風味が強くて素晴らしい香り。香りが素晴らしくてどんな料理なら負けないか、いろいろ考えね柄パンと一緒に頂いた。

メインに鹿を頂いて、デザートはタタン。
IMG_6574.jpg

夫はワインでいい気持ちになって楽しそうにしている。いや〜、いつ行ってもアラメゾンはいいなぁ。メガネさん、シェフ、ごちそうさまでした!

久しぶりに柔らかものを着て思った。織の着物は自分の着ている着物をしょっちゅう鑑賞してしまうけど、染めの着物だとただの服だわ、縮緬の越って鑑賞してもそれほど楽しくないわ。
やっぱり織物はええなぁ〜。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
1月13日(火)1つの鍋で作るスープからメインまで。
1月18日(日) 汁クイティオ
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

関連記事

コメント

コメントの投稿