母を誘ってお参りに行く。

お正月に実家に帰ったら、祖母や母が月参りをしていた荒神さんに行く。今年は天気が悪いという予報だったから、元旦の昼のうちに出かけてきた。

fc2blog_20150104201508f95.jpg

実家に戻る時にはなるべく母から譲られた着物を着るようにしている。「あれ。ええ着物やねえ、どうしたん?」と母に言われて「これは、さるお屋敷の奥様からの下りものでございます」と答えたら、「へぇ〜そんなん持ってたっけ?」
いいかげんなものですが、気に入って着させていただいてます。
「そーゆー着物はどこへ行くにも失礼にならへんし、大げさじゃないし、着やすぅてええねん。」

おかげさまで便利に着させていただいてます。しかし、忘れるか?忘れるものかしらん?

天気が悪くて着物で出られないかもしれないと思って、羽織や道行は持ってこなかったけど、襟巻き&ショールで対応です。このショールはL字になっていて、羽織ると身体に添う。写真を見たらこのまま羽織紐を付けて使えそうだ。
足元は臙脂の別珍足袋に下駄。お天気が怪しいのでお正月だけど草履は持ってこなかった。だいたいお参りに行くのだから服装もカジュアルだ。お正月だから帯だけちょっと変えたけど、半巾を割り角出し。

電車を乗り換え乗り換え、荒神さん。参道で売り切れる前に鯖寿しを買って、お参り。お札を受けて、去年のお札を返す。一年無事に過ごせました。今年もよろしく。

fc2blog_2015010420160313e.jpg

この青空も数時間後には吹雪になったのだから、お天気ってわからない。
帰りに焼き餅を買って、駅の近くで一休み。

fc2blog_2015010420164288a.jpg

母は疲れも見せず、ほぼ一人でしゃべりながらなんぼでも歩く。元気な人だ。

この後母からまた着物を譲られるのだけど、前に箪笥を開いたときには見かけなかった着物がまた山のように出てきた。最近3枚着物買ったばっかりなのに、大変なことになってしまいました。

実家には姿見はなく、着物を着たり帯を結ぶのは手探りで、出来上がってから洗面所でチェックするだけなのですが、あんまり困りませんでした。

祖母は姿見兼用のドレッサーを持っていたけれど、母は持ってない。あの人はどうやって衣装チェックしているのか、もしかしたら、異常に衣装を買うのは姿見を見ないからじゃないかしら?という気が、今した。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
1月13日(火)1つの鍋で作るスープからメインまで。
1月18日(日) 汁クイティオ
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

関連記事

コメント

コメントの投稿