料理教室の後、ぺんぎん亭「着らく」開催。

わたしが着物を着られるようになったのはここ1年ちょっと。それまでは着物を着るなんて考えもしませんでした。

だって、着付け道具やら補正をして着物を着るなんて嫌だし、補正や着付け道具なしで着物の着方を教えてくれる人に出会わなかったんだもの。

これって、化学調味料を使わないで、特殊な食事法じゃない普通の料理を教えてくれる料理教室ってない、ってのととてもよく似ているなぁ、と思いました。だから教室の生徒さんには、「着物の着方いつでもやるからね」とお伝えしてありました。
何より教室の生徒さんがわたしの着物ライフの変遷をよく知っていらっしゃる。ほんとに着始めの頃など衿がグズグズになって悲惨な姿で教室をしておりましたものね!

今回展覧会も終わったところでちょっと時間に余裕があるので、「着物やりたい人は色々持ってきてね〜」とお伝えしておいたら、Tちゃんが色々全部一式持ってきてくれました。

念願のぺんぎん亭「着らく」(たこさん命名)開催です。
着らくについては「師匠のブログ」をご参照ください→

人からもらったウールの着物とか、紐やら何やら全部!! 謎の着付け道具も色々入ってますが、とりあえず紐だけ使います。

じゅばんを着て、着物を巻いて、丈を合わせておはしょりを始末して・・・半幅帯でカルタ結び。

fc2blog_201501132003038ab.jpg

「お〜!着れた!」そりゃそうだ。着れるさ。
fc2blog_20150113200401622.jpg
初自分で着た着物!なかなか堂にいった着姿で、ちょっと粋な感じです。すごくいいねえ、カッコイイ。
「来月の教室にはこれで来れますぅ〜」

Tちゃんの着物の中には長すぎる着物があったので、見学していたSちゃんに「着てみたら?」といったら、「え〜、いいんですか?やってみよぅ〜」。
Sちゃんはブライダル業界のお仕事なので着物の着せ付けはよく見て知っているだけに、補正しないで紐だけで着る着物の着方にびっくりしたみたい。Tちゃんが着るのを見ていて「出来そう!」って思ってくれたのかもしれません。

わたしの襦袢をSちゃんに貸して、Tちゃんが持ってきたウールの着物を巻きつけて、半幅帯でかるた結び。
「え〜、全然苦しくないですねぇ〜。もっと練習しよっと」

Sちゃんが着物の巻き方とカルタ結びを練習している隙に、Tちゃんは名古屋帯にまで手を伸ばして「お太鼓やります!」

え〜、お太鼓までやるんですか?そんなに飛ばして覚えられますか?んじゃやってみましょう。これはわたしの習ったやり方です。

fc2blog_20150113200446dff.jpg

わたしより小さいTちゃんに丈が短くて着にくい祖母の着物を着てもらった。あ、十分着れるやん、着る?んじゃ持って帰り〜。
名古屋帯のお太鼓結びもきれいに出来てびっくりです。あと2、3回練習して手順を覚えたらもう大丈夫。

Sちゃんも名古屋帯を練習して帯の締め加減、まくらの紐の位置などなんども確認して、楽な着方の練習をしました。

これで何度か気楽なお出かけをして、気に入った着物を買ったりして、どうしても気になるところがあったらインターネットや雑誌で自分で調べたり、ポイントレッスンに出かけたりして研鑽を積んでください。帯結びなどは結構ネットに出ているので参考になると思います。

何よりも慣れることが一番!着物は身体が温かく、絹やウールは電磁波や放射線から身体を守る作用もあるので、身体に余分な静電気を溜めないためにも家で着物で過ごすのは素敵なことです。

今は絹の着物がファストファッションを買うより安く手に入る異常な時代、今こそ着物を着る時です。

リサイクル着物の買い方、サイズの調べ方はこちらに書いたので参考にしてください→

着物?すごい!難しそう、苦しそう。高そう、わたしには無理!っていうのと・・・
料理?スープの素とか使わないで作るの?すごい!おいしく出来るの?健康にいい料理?無理!時間ないし、お金もないし!

やっぱりよく似てる。

Tちゃんが持っていた大きい着物がSちゃんのところにいって、わたしが持っていた小さい着物がTちゃんにもらわれて・・・着物は着てくれる人のところに自分で出かけていくみたいです。

料理教室の後、3時間近く着物を着たり脱いだり、帯を締めたり解いたりして遊んだのでした。みなさん、お疲れさまでした。あとは何度も着て、動いて、慣れるだけです。まずは気楽なお出かけから始めてみてくださいね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
1月18日(日) 汁クイティオ
2月3日 (火) オイスターチャウダー
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

関連記事

コメント

素敵な着姿ですね!

これで初めてなんて素晴らしい!
きりっとしていて素敵な着姿ですね。
着物って、着物と帯と小物の取り合わせ以外にも着方にもその人なりのさじ加減やら呼吸やらがクリエイティブに絡まってきて本当に1人1人がその人らしさ、を図らずとも表現することになる本当に面白い衣服ですねー。

ところで「ぺんぎん亭・着らく」って噺家さんみたいでしたね。
もともとの「着らく」には「師匠」がいるので、つい潜在意識が噺家っぽい言葉を選んじゃったのかもしれません。(*^_^*)

Re: 素敵な着姿ですね!

> たこさん
ほんと、素敵でしょ。ちょっと衿がグズグズしたけど羽二重の長襦袢だから初めてにしては上出来です。
着物の着方で人柄が出ますよねえ。そこが着物の楽しいところで、わたしのグズグズな着物姿も年齢が味方してるのか「すごい着慣れてる」と言われることが多いですよ。たこさんはいつも衿詰め気味でそれがまたかっこいいです。

ぺんぎん亭・着らく、たこ亭・着らく、どれも楽しそうでいいじゃないですか!師匠を頭に挿げるなら、着らく亭ぺんぎん、とか、着らく亭たこ、とかかな?
いずれにせよ、談志師匠もビックリ、アナーキーな一門ですね。

初めまして。

私は最近着物に興味をもったものです。
普通の着物はまだ買っておらずポリエステルの着物一式しかないのですが、着物高いしなぁ…でも着たいなぁ…と悩んでいました。
そこでこちらのブログにたどり着き、お料理と着物のくだりで納得しました。
普段オーガニックや無添加のお料理をしていますが、その延長が私にとっては着物だったんだと。これは着物着るしかない!と勝手に勇気づけられたのでコメントしてしまいました。
長文失礼致しました。

Re: 初めまして。

> 赤ト黒 さん、
ご訪問&コメントありがとうございます。
着物は着なければただの”タンスの肥やし”ですもの。着るか着ないか、二択ですよね。
リサイクルがおいやでなければ、足袋と下着類以外全て揃いますよ。ご近所のリサイクルショップにもあるかもしれないし、最近は街中で着物の古着屋さんも時々見かけます。
わたしは母の着物を着なくてはいけないのですが、母の着物よりリサイクル着物のほうがよほど状態がいいし、お手入れ代もかからなくていいように思います。

わたしたちが普段着着物の着方を忘れ去ってしまったように、家でつくるお惣菜もなくなってしまうのかなぁ、とちょっと心配になってます。
布との付き合い、農業や食材との付き合い、やっぱり似てますよね。

また遊びに来てください〜。

コメントの投稿