ビッラルさんの「モジャカレー」

夫の仕事関係の友人でインドオタクの人が年賀状で「バングラデシュ人のカレーのレトルトがあるけど、知ってるか?」と知らせてきた。

知らないよ、と言うとわざわざ送ってくださった。

fc2blog_20150116195559585.jpg

ある時夫が一人で大阪に出張した時、新大阪の一階の食堂街に「モジャカレー」という店を見つけて「あれ?ベンガル語かな?」と思いながら入ったら、それがバングラデシュ人の店主、ビッラルさん経営の「モジャカレー」だった。
「店のカレーは日本のカレーですよ。バングラのカレーそのままじゃダメですから」自分たちは違う物を食べていると言ってた、と夫が楽しい土産話を聞かせてくれたのは何年も前だ。店が上手くいってるから弟を呼び寄せて今では兄弟でやっているとか、店はまぁまぁ流行っているとか、そんな話をしたらしい。

残念ながらわたしは新大阪でご飯を食べる時間に行き合わず、ビッラルさんのカレーは食べてない。だいたい、女性がいきなり「あぷに、き、べんがり?あろーおんのトルカリねい?」(あなた、ベンガル人なの?もっとちがうおかずはないの?)などと言いながら店に入ってきたらベンガル人の大きな目玉が飛び出すにちがいない。

それがレトルト販売、しかも、バングラデシュを全面に出したこのレイアウト、写真の上部、右には日の丸、左には色違いの日の丸があるけれど、これがバングラデシュの国旗だ。緑の大地に独立運動で流された血を表している。

新大阪のモジャカレーはいつの間にか神戸や姫路に支店を出しているようで、バングラデシュのカレーを日本人向きにアレンジしたクロスオーバーベンガルカレーが”本場のスパイス”と一緒になって日本で根を下ろしているのは楽しいことだ。

バングラデシュは貧しいというイメージが強く、食べるものなどロクに無いように思われる人もいるので、在日ベンガル人の中にはバングラデシュ人であることを隠してインド人として振舞う人がいて、とても悲しい思い(自出を偽るご本人の傷を思うと本当にいたたまれない気持ちになります)をすることがあるだけに、こうやってバングラデシュを全面に出す人が出てきたのは喜ばしいことです。

さて、そのレトルトの中身ですが・・・わたしの留守に夫が一人で食べるのだそうです。
パッケージの解説によるおすすめの食べ方は牛肉の薄切りを炒めたものと、ネギを刻んだものをたっぷりトッピングすることだそうで、バングラデシュの料理を知るものには「それはないやろぉ〜」と笑いながら突っ込んでしまうのでした。

ビッラルさんのモジャカレー、もしどこかで見かけたら食べてみてください。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
1月18日(日) 汁クイティオ
2月3日 (火) オイスターチャウダー
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
関連記事

コメント

姫路にも

お久しぶりです。モジャカレー、姫路にも確かにありました。
知らなかった。(^_^;)駅方面には食べに出ないから全く知りませんでした。
こんど機会があれば行ってみようと思います。
今日は阪神淡路大震災20年の集いで、小出さんと鎌仲ひとみ監督の対談があるのでいまから西宮に行ってきます。
(^∇^)

Re: 姫路にも

> Hさん、
お久しぶりです!おかわりございませんか?
小出さんと鎌仲監督の対談なんて、豪華ですねぇ〜、録画どこかにアップされないかなぁ。
震災から20年なんですね。あのときは広島でも揺れたんですよ。
モジャカレー、「バングラデシュ人が作る日本のカレー」ですからね!

No title

Twitterからブログみました!

ありがとうございます☆

うちの師匠は最近日本語が流暢になりすぎて(笑)
ベンガル語を忘れかけてるらしいです…

機会がございましたら、食事は結構ですので
ぜひ新大阪にお越しの際には、顔を見せてあげてください。
大変喜ぶと思います☆

Re: No title

> 一番弟子さん!
ご訪問&コメントありがとうございます。
ダッカ在住の友人が「アマゾンで売ってないのか」などと興味津々でしたよ。販売は関西限定ですか?
今度新大阪に行ったらビッラルさんに”しゅべっちゃ”してきます。
ビッラルさん、ベンガル語忘れちゃだめですよ、もうすぐエクッシュですよ! 
とお伝えください。

コメントの投稿