フェルトにどっぷり。

制作をしに来たのだから毎日朝から晩まで制作しているのは当たり前なのですが・・・こんなに何週間も毎日フェルトばっかり作るのは初めて。
自宅でも時々フェルト作品を作るけれど、ウールを置く作業が辛気臭くて(ごめんなさい)やっぱり織物の方が好き!となるんだけれど、きっとこれは作業環境もかなり問題なんだろう。
だって、家で作る時は台所の流しの作業台とかでやるので、ご飯の準備時間の合間にキリをつけないといけない。
その点、ここではお店はいつも広げっぱなし、ウールも広げっぱなし。布に洗剤がついたまま放置して絹が傷まないかしら?と心配しながら寝るくらい、それくらい出しっぱなしの上に、ご飯の準備もなにもしなくていいのだから気楽なもので、本当に恵まれています。

かなり長時間作業していますが、体調を崩すこともなく、それほど無理してる感じもありません。

fc2blog_20150306104612f53.jpg


作るものはすべて服なので、一点作るのに3〜4日掛かり、「あんなんして、こんなんして・・・それからこれもやって、あれもやって」と思っているほどの作品は出来ず、どれもやってみたけどどうかしら?という感じがしなくもない。

こうやってフェルトばかりを作っていると、フェルト作家の方のすごさが改めてよくわかります。
織物作家からすればフェルトは数日で一枚完成品が仕上がって、なんてお手軽!と思うのだけど、実際にやってみたら作家の技術の高さが本当によくわかって、心から感嘆するのです。

フェルトはとっつきやすいだけに作品の質の高さで明らかに差が出る世界。集中して制作することで技術的なハードを超えるのもまた楽しいところなのです。

それにしても一つ作っては、もっと次はこーしてあーして、次を作ってはまたこーしてあーして、と次々とやりたいことが湧いてきて、家に帰ったら小さいものしかできないのがかなり残念なのです。空き家でも借りようかしら?

ホームスパンの仕事と違って、思ったものがカタチになるまで数日というスピードが刺激的なのです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月24日(火) 玉子のカレー(ベンガル料理)
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

関連記事

コメント

コメントの投稿