青物中毒が治っててよかったと思う。

日本にいたらなんとも思わないだろうけれど、菜っ葉を生でワシワシと食べられる地域というのは世界的にそれほど多くない。水に恵まれたラッキーな地域だけに許される贅沢なのです。

バングラデシュで菜っ葉の生をワシワシ食べようと思ったら、まずは水道水で洗って、次にフィルターを通した水でリンスしてから食べないとお腹壊します。青泥の菜っ葉250gなんて準備するだけでも大変。

一時期生菜食など熱心にしていた頃は粉末青汁を持参して常にグリーンの補給に務めていたものです。タイに半年いた時も半年分の青汁の粉を持参したものでした。

なんだかなぁ、旅行の荷物が増えるってのはスマートじゃないのよね、という忸怩たる気持ちがしたものでした。

青物中毒が治ったなと思ったのは、座禅断食会に参加してから。この断食の回復食は生野菜も食べるけれど加熱のものもたくさん食べるのです。断食があけてからまた青泥食べてもよかったんだけれど、なんだか憑き物が落ちたように青泥を食べなくても体に違和感がなくなったのです。

「ああ、これでまた海外長期滞在できるな」と感じたことを覚えています。青汁、青泥、グリーンスムージーは本当に素晴らしいけれど、どこでも手に入るわけじゃない贅沢な食べ物なんですもの。

というわけで、青泥食べてないし、乳製品をよく食べてますが、生の菜っ葉への渇望みたいなのはあまり起こりません。

fc2blog_20150228134537251.jpg
バナナとパパイヤ(甘くもなんともない)とヨーグルト。

ブログやFBでグリーンジュースの写真などを見ると、あの細胞に染み渡る感じを思い出して羨ましい気持ちがするけれど、手に入らないところではあるもので生活出来る、というのも嬉しい事だなぁ、やっぱり日頃の健康管理が大事なんだなぁ(病気になって青汁で治療なんてことになったら青汁なしでは暮らせませんもの!)と思うのでした。

昨日は久しぶりに日本人の友人に誘ってもらってコリアンレストランであれこれたくさん食べて、たくさん日本語喋って、大笑いしたのでした。楽しい時間をありがとう。Tさん、車使わせてくれてありがとう。また迎えに来てください。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月24日(火) 玉子のカレー(ベンガル料理)
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
関連記事

コメント

コメントの投稿