サリーから羽織。

滞在制作もだんだん終わりが見えてきて、最後の一枚にかかっています。

ブロックプリントのサリー、光の加減で金色に輝いて見えてものすごく美しい。

これを切って布フェルトで羽織を作る。こんな美しい布にハサミを入れるのはこころが痛む。サリーは長い布を体に巻きつけるので布の横方向が模様になっていて、その点が服地と違う。ついでに裾模様、後ろに垂れるアチョールの模様、模様のいらないお腹に押し込むところなど、一枚の布でも柄の配置がある。

fc2blog_201503071130172fd.jpg

それにしても美しいなぁ。と惚れ惚れ。サリー切ってしまってごめんよ。

「こんな綺麗なサリーを切っちゃうなんて、心がいたむわ」と友達に言うと、「君は美しい布からもっと美しいものを作るんだよ」と言われる。

美しいものから美しいものを作る、最後の一枚、あまり時間はないけれど、じっくりとウールを置いて渾身の一枚が出来るように、サリーの美しさに負けないものができるようにと思うのです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月24日(火) 玉子のカレー(ベンガル料理)
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
関連記事

コメント

コメントの投稿