そしてなぜかまたベンガル料理。

パンの酵母を起こしたけれどあまり具合がよくないような・・・

うーん、困ったなぁ。ダメかしら?膨れないわ。そうだ!こんな時に種を分けてあるのだった、と困った時のアラメゾンにお願いしてみた。

「すみませんが酵母分けてください。」

「増やしておくので明日以降どうぞ」という気持ちのいいお返事!ありがとう〜。お礼にベンガル料理だ!たまごのカレーだ!

ゆで玉子のカレーってどうしてこんなに美味しいの?とおもうくらい美味しい。なにがどうしたということはない。「買い物に行ってないからなんにもないので玉子のカレー」みたいな料理だけど、これが毎日食べてもいいくらい美味しい。
そんな話を聞かせたばかりだから、玉子のカレーを食べてもらおう。玉子だけじゃ寂しいけど、買い物行ってないし、玉ねぎもないし・・・白菜と煮干しでカレー作ろう。作ったことないけどきっと美味しいだろう。

カレーを届けて、酵母を分けていただいて、ついでに新作のカンパーニュも!いままでと配合や焼き方をちょっと変えたらしい。

エビで鯛を釣った気分ですが、カレーに使った玉子は紺ちゃんがつかっている田辺さんの玉子。いりこと白菜のカレーは完全オリジナルですが、この手の創作ベンガル料理はベンガル人の気持ちになりきって、この環境でこの材料で、どんな料理作るか考えることで生まれます。

fc2blog_2015032120504474f.jpg

さて、わたしたちもお昼にいただきました。玉子のカレーはいつも通りの美味しさ。今回はトマトの入らないシンプルなレシピ。で、白菜といりこは・・・ベンガル料理以外のなにものでもありません。

バングラデシュにいたときは近所の店で買ってきてもらったものを食べていたのだけれど、料理屋の料理と家庭料理はぜんぜん違う。つくる量の違いなのかなんなのかよくわからないけれど、家庭料理は(ご家庭にもよるけれど)もっとあっさりさらっと作るような気がする。友達が料理屋の料理を好かないのはよくわかる。

日本しか知らなかった時には、プロの作る料理こそ美味しい料理で家の料理など詰まらないものだと思っていたけれど、バングラデシュでムスリムの人たちと親しくしてるうちに家庭料理のようなものは料理屋では食べられないもので、本当に美味しいものは家で作って食べるのだ、ということが分かった時に世界がひっくり返るくらいの衝撃を受けた。

ベンガル料理、料理屋のものよりも家にあるもので自分で作ったほうが断然美味しい。そして、なんでこんなに美味しいのか・・・ぜんぜんわからない。

バングラデシュから帰ったばかりだけれど、美味しいベンガル料理、楽しんだのでした。ベンガル料理はね、あんまり作らないよ。食べ過ぎて大変だから。たまにね、3品くらい。今日は玉ねぎなくなったので2品だけで冷静に食べられたのでした。

アラメゾンのみなさんも辛いながらも楽しんでいただけたみたいでよかったです。
さて、酵母くんのほうですが、我が家酵母は起きるのに時間がかかっただけでパンはちゃんと出来たようです。

fc2blog_2015032121521831b.jpg

これでまた生活がひとつ通常に戻りました。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月24日(火) 玉子のカレー(ベンガル料理)
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
関連記事

コメント

コメントの投稿