家計簿のススメ。

お金の話しってとっても大事。だって、自炊しても少々家庭菜園やってても、糸紡ぎして布を織って服を作っても、現金がいらない生活ってのはなかなかできるもんじゃない。子供がいてたらなおさら。
友達の有機農家が「税金とかねぇ、子供の学費とか、ジャガイモで支払いますってわけにいかないから、現金いるのよねぇ、食べるのは困らないんだけど」とボヤいていたことがありますが、確かに、給食代をお米で物納とか、私の場合だったら、染物するガス代をフェルトと交換なんてことはできないわけです。

何事も三日坊主と言われないように日頃心がけているので、2日以内に挫折するか、4日で挫折するのが得意なあたくしです。昨日お宮さんまで散歩したけど、今日は悪天候に阻まれてあっというまに挫折したというものです。
そんなわたしでも結婚以来休まず続いているのが家計簿。

これは、お金を稼げないわたしの生活を支えてくれているのは連れ合いの収入なのだから、彼がわたしを信頼して預けてくれるお金、ちゃんと記録するのが自分の義務だ!と心からそう思っているので続いています。

あ、ちなみに、子供のころから何度かお小遣い帳にチャレンジしましたが・・・何日続いたかすら忘れてます。まぁ、子供の頃は毎日書くほどお金使わないし、そもそもろくに小遣いもなかったからね。

わたしの家計簿はいい加減なものでほんとうに使った分を適当な費目に分けて書いてるだけ。結婚当初はノートに手書きだったので、大晦日の夜に1年分の計算をパタパタと入れていたっけ。懐かしいなぁ。そのうち計算するのなんて諦めて、「あんま意味ないよねぇ〜」と言いながらパソコン導入になって相変わらず予算を立てるわけでなし、お金の使い方を見直すでなし、ただダラダラとかいているだけ。

実家に暮らしている時にはわからないけれど、贅沢なんてしなくてもお金ってどんどんなくなる。家賃も掛かるし、公共料金に通信費だけで大変だ。それに車に掛かる費用が保険に車検に税金にガソリン代、時々ドカンと修理代。冠婚葬祭費がまたバカにならない。
我が家の場合どちらの実家も遠いので、彼の実家に二人で行くとなると10万円近くかかって死にそうだ。

わたしが家計簿を続けている、と母に言ったら、「え〜、えらいね。何度か試したけど、あんまりお金がたくさん出て行くから怖くなってやめちゃったわ」と褒められた。母に褒められるなんてことがなかったのでこれには驚いたものだった。家計簿つけてるだけでかなりエラいらしい。

家計簿上級者からみたら予算も立てない、現金と照合もしないこんな家計簿は意味ないと言われてもなんの反論もない。だけど、書いてないより書いている方が断然いい、と断言できることがあります。

サラリーマンで毎月だいたい決まった収入でやりくりしている人は、家を買うつもりがあるならお金が貯まらなくても、無駄遣いが減らなくても、絶対家計簿つけなさい!

断言しちゃうもんね。家計簿つけずにキツイ予算でローン組んだら破綻するぞ。いや、生活力のある人で、お金なんか稼げばいいさ、という人なら問題無い。だけどそんな人にも借金する前に稼いでから家を買え、とは言っておきます。

家計簿をつけていたら、毎月普通に生活してどれだけ現金を使ってるかがデータとしてわかります。冠婚葬祭費がかさんだ月もあれば、旅費がかさんだ月もあります。病気や怪我で思わぬ出費があったり、気晴らしに旅行に行ったり。大きな家電の買い替えがあったり。毎月毎月不意の出費ってのがあって、どれもこれも不意の出費のはずなのに不意の出費がかなりあるもんです。

その”不意の出費”も含めて今の生活は◯◯万円掛かってます、というのがわかるのです。

そうすれば今の生活を維持したままで払えるローンの金額がわかります。月々払える金額が分かって、ボーナス払いがどれだけできそうか、ボーナス出るか?考えて、(この時点で不動産広告な返済プランはかなり無理ってわかる)生活費のどこを削れるか、保険、通信費、車の経費くらいから減らすのを勧めます。外食は減らしても食費削らないように。

でも、なかなか節約ってのは難しい。5000円のカットに行ってたのに、1000円カットに行くのはなかなか勇気がいるし、スマホをガラゲーに変えたり、キャリアを格安SIMに変えたり、テレビやめたり、新聞やめたり(美容院変えるよりテレビやめたほうがいい)場所によってはいっそ車を止めるのもいいけれど、小さい子がいて車なしってのは難しいところだ。

とにかく、節約するにしても家計簿をつけていないと節約になったかどうかもわからない。そもそも、毎月いくら返せるのか、それがわからずに大きな借金なんか出来ないってもんです。

まぁ、いざとなったら親がいるさ、という人はいいけれど、お金のあるうちはもめませんが、お金がなくなってきたら親子兄弟で揉めるというリスクもあります。

いずれにせよ、予算が決まれば家を買う場所、大きさ、新築、建売、中古など選択枝も絞れます。家計簿で毎月どれくらい使っているか、そのままを把握するってことは大事なことだと思うのです。

お金って貯金していないと息を吸ったり吐いたりしているみたいなもんで、何も生み出さないんです。まずはちょっとでもいいから貯金して、借金は最低限にしておこうね。

わたしの連れ合いは家を買うのを嫌がったのです。「債務奴隷になるのはいやじゃ!10年以上のローンは組まない!」

債務奴隷・・・確かにそうだ。

あなたとあなたの大事な人を債務奴隷にしないためにも、まずは家計簿。そして地道な貯金なのです。
家を欲しいと思ってる人、日々の出費にめげずに家計簿つけて現実を把握しようね。実家住まいの方、家賃と光熱費払ってると思って貯金しましょう。そのお金があなたのピンチを助けますよ。

fc2blog_20150403201915dc6.jpg
話しと全然関係ないけど、今日の晩御飯。
久しぶりに麻婆豆腐。わけぎたっぷり。レタスのサラダには久しぶりに作ったビネグレット。立派なしいたけ、急に温度が上がってバンバン出来るらしくすごく安かったのでグリルで焼いた。
簡単で材料費もたいして掛かってないけど美味しかったなぁ。広島に住んでて良いなぁって思うのは、産直市最高!!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
4月19日(日) 作り置き出し、煮魚、和食のお惣菜
4月21日(火) フェンネルの水餃子
5月19 (火) ファラフェル、ピタまたはベーグル
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
関連記事

コメント

コメントの投稿