教室の準備。

のんびりとあくびをしようと口元に手を当ててほわぁ〜っと口をあけようとしていたら、夫が覗き込むのであくびが止まってしまいました。

なんてひどいことをする夫でしょうか。

彼はどういうわけか買い物に行くのが大好きで、料理教室の買い物というとがぜん張り切ってついてきます。いや、一人でも買い物行けるんだけどねえ。「メモは持った?」とかいちいち聞くし。そりゃメモを書いて忘れたことは一度や二度じゃないけどさぁ。

別に自分の食べたいものをカゴに入れるというわけじゃない。食べたいもののリクエストをするわけでもない。野菜や魚を見るのが好きらしい。その情熱の半分でいいからお洋服も見たり試着してくれたらいいのに、服は買わないし、見に行きもしない。

明日の教室はかなり楽しい。新しい人が増えたので、お出しを作って、それから和食惣菜のベースになるものを作って、いろんな料理を展開する。わたしは忘れっぽいししょっちゅう気が変わるので作り置きというのはあまりしないのだけど、汎用性の高いものは時々作る。人が来るけど料理にかまけてる暇がない、なんて時にも便利だ。

市販品がヒントになる時もあるし、まったくオリジナルに思いつく場合もある。相談されてひねり出すこともある。料理のコツみたいなものはコツのツボが人によって違うので、何が参考になるかはわからないけれど、どうしてこういう方法を考えたのか、というプロセスがわかればまた料理に向かう姿勢が変わるというものです。

料理というとレシピレシピと思う人が多いし、実際料理教室にはレシピをもらって試食して帰って来るところ、というふうに理解している人が多いけれど、本当に大事なことはレシピには書けないし、レシピには材料と分量以外、文章に書かれてないことを読み取ることが大事だ。

私の教室も細かくレシピを書いているけれど、レシピに書いてないことをかなりクドクドと細かく説明します。レシピだけなら本もあるし、ネットでいくらでも検索できるけど、レシピに書いてないことや、レシピの読み方ってのまではわからないもの。

というわけで、買い物に行って、レシピの仕上げをして、材料費の計算をしてあれこれ下準備。ついでに火曜日のレシピも書き始めてという土曜日。
夫は買い物の後仕事に行ったので、お昼は一人楽しくサンドウィッチ。

fc2blog_201504182235442d9.jpg

時々無性にサンド食べたくなるんだなぁ。自分で作ると詰め過ぎてしまいます。うちのパン、最高だ。
夫の留守に断食とか・・・無理だ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
4月19日(日) 作り置き出し、煮魚、和食のお惣菜
4月21日(火) フェンネルの水餃子
5月19 (火) ファラフェル、ピタまたはベーグル
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
関連記事

コメント

コメントの投稿