働かざるもの食うべからず、餃子はみんなで作ってみんなで食べよう。

今日も楽しい料理教室〜♪

昨日は色々料理を作ってついでに次の展覧会の案内ハガキの宛名書き(パソコン出力)という難事業で疲れてしまってブログの更新もせずに寝てしまいました。

書きたいことはいっぱいあるけど、どれもこれも気の重い話しばっかり。絶望してないでおいしいもの食べてやる!とたくさん料理したのでした。おかげで今日の晩御飯は何もしなくていいんですけどね。

さて、楽しい料理教室、庭のフェンネルがいい感じにホヨホヨと育っている。今の時期は本当に葉が柔らかくて、かおりも優しくて、なんとも贅沢なフェンネルの餃子ができる。

この料理、庭のフェンネルを自慢するわけですが、レシピを読んで「わ〜!美味しそう♪作ってみよう♡」とは絶対思わない。「え?こんなんで食べられるの?うっそぉ〜!」というレシピだけど、恐る恐る作るとあれまぁ、こんな世界があったのか?!という料理なのです。

まぁ、そんな講釈はどうでもいいや。作って食べるのが教室の良いところ。餃子はもちろん皮から作るし、皮と中身がいい具合に終わらない場合の対処法や茹でた餃子が残った時(まず残らないけど)の方法などもお伝えします。


粉をこねて、餡を作って

IMG_6602.jpg

餡はミンサーが活躍します。これは餃子を作るときとお味噌を仕込む時に大活躍するんですが、普段は使わないねぇ。もちろん、ミンサーがなくてもフープロでやったり、薄切り肉を冷凍して包丁で刻んでもいいのです。うちな買ってしまった機械があるんでこんな時だから使うだけ。

あんにはしっかり味をつけるところが日本の餃子とちょっと違う。ついでにいうと餃子を食べる時はご飯は食べない。

寝かした生地を小さな団子にちぎって、一枚づつ餃子用の麺棒で伸ばして、餡を包んで茹でる。この作業は食べる人がみんな参加して作らないと、一人黙々と2時間かけて餃子を作って、わ〜い!とみんなで20分で食べてしまって、あれれ、わたしのお口には5つしか入らなかったわ、なんてことになったら悲劇です。土曜日の夕方にラジオマン・ジャックなんか聞きながら作るのが良いでしょう。

餃子の日はサイドディッシュの準備はできないので、今日はピータン豆腐。これもレシピを読んだだけでは作ってみようとは思わないし、食べ方もあんまりわからない。ぐちゃぐちゃにすると美味しさ倍増になる不思議な料理。

最後にちょっと余った餡は、餃子の茹で汁を利用して肉団子のスープに。皮と餡がぴったり同時に終わるとかっこいいけれど、ぴったりにならなくても皮は皮で、餡は餡でそれぞれに利用すればいいだけの話しで、そんなことを気にする必要はない。
IMG_6604.jpg


というわけで、餡が余ったので今日はスープが増えてしまい、もうお腹が餃子ではちきれそうです。

IMG_6603.jpg

フェンネルと香菜で作ったけれど、どちらも甲乙つけ難く美味しいのです。
次の週末にでも、夫と一緒に作ろうかな。だれかお客さん来ないかな。

どうかたった一人で作らないで、作る過程からみんな参加してワイワイと作ってくださいね。打ち立て、茹でたての水餃子の味わいは格別ですもの。

今日もみなさん遠いところありがとうございました。久しぶりに良いお天気になった広島でした。

庭のフェネルの小さい子をお分けしたので、来年の春にはみなさんご自宅のフェンネルで餃子が楽しめるかもしれません。
メンバーのSさんのお連れ合い、いつも教室の日を楽しみにしているそうで、「今日は何作るの?」と興味津々なんだそうです。餃子に関しては・・・包まない人は食べられませんよ!

ご家族も楽しみにしてくださるのはわたしも嬉しい。料理は愛じゃない、と常日頃言っておりますが、おうちごはんを楽しみにする家族の関係っていうのはやっぱりいいものだと認めるのにやぶさかではありません。自分の食べたいものを作ると自動的に一緒に食べる人も喜ぶ、というわけで、彼や子供が喜ぶから作るってのとは違うのです。いや、喜んでくれるのはいいんだけれど、それはあくまで余得っていうことでね。

一年に一度作るかどうか、という料理ですが、お楽しみくださると嬉しいです。

来月は発酵に良い季節、ベーグルです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月17日(日) 鶏の焼き方、簡単なつけあわせ
5月19 (火) ファラフェル、ピタまたはベーグル
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
関連記事

コメント

フェンネル

こんにちは。
私も畑のフェンネルの新葉がふさふさととってもおいしそうだったので今日試作してみました。明日はフェンネル餃子パーティの予定です。
残念ながら、フェンネルだけ同じで、皮は市販、肉屋さんのミンチ使用で、ぺんぎんさんのとは大違い。(^_^;)それでも試作は、フェンネルの香りがなんとも生きて、胃腸も爽やか(日本語乱れてますが)で、それなりにとても美味しかったです。地元産のタケノコももちろん入れました。
先週から、ふさふさのフェンネルの葉を見ながら、どうやったら美味しく食べられるか、、、ググると、フェンネル餃子、、?ほんとうに美味しいのだろうか?と躊躇してましたが、なんともラッキーなタイムリー記事でした。読んですぐに作ることを決意。本日の試作になりました。ありがとうございました。いつかは料理教室でベンガル料理教えていただきたいです。いつもありがとうございます。(^ ^)

Re: フェンネル

> Hさん、
お庭にフェンネルがああるんですね、あれは葉っぱもきれいでかわいいですよね。
あれはレシピを読んでもとても作る気にならない料理のひとつです。夫はまだ食べてなくてかわいそうなのでわたしも近いうちに作ろう。
こちらこそ、いつもありがとうございます。

No title

庭はないので、貸してもらってる畑のフェンネルです。四年もののフェンネルとネギとレモンバーム以外は、じゃがいもと玉ねぎ専門の畑です。(^ ^)
29日からの東京がんばってくださいね。

Re: No title

> Hさん、
畑借りてらっしゃるんですね、うちの庭は畑の土じゃない上に技術&センスが不足していて、フェンネルとニラ以外はまともに食べられるサイズになりません。
そういえば、ミントとレモンバームもいらん、っちゅうぐらいできます。じゃがいもはピンポン球、玉ねぎは無理っす。
展覧会、がんばります〜。みんな、買ってね!

コメントの投稿