毎日たけのこ。江口友子さんの選挙演説がすごく考えさせられる件。

なんだかよくわからないけれど、冷蔵庫が水煮のたけのこでパンパンだ。

晩御飯はたけのこばっかり。このところあまり体調も気分もすぐれないので、献立に統一感がないけれど、たけのこ、という点で統一されているような気もする。

fc2blog_20150422205716427.jpg

なんか違う料理を作ろうと思って洗ってあったジャガイモのオーブン焼きも後から参加。
体調と気分がすぐれないと料理の組み合わせがめちゃくちゃになる傾向があるらしい。以前はそんな時家に材料があっても料理をつくらずに外食で済ませてしまったものだったから、ずいぶん進歩したものだと思う。

進歩って、めちゃくちゃな献立でも気にせずに家族に食べさせる厚かましさ、ってことなのか、「献立が変なのはきにしなくてもいいんだよ」という家族の気持ちをやっと理解したってことなのか、真相は謎。タケノコだらけのご飯を食べさせられる連れ合いは別に嫌でもないみたい。なんといっても自分で掘ったたけのこだから美味しさひとしおなのかもしれません。


西式健康法でがんの闘病をしている江口友子さんの応援に今日は平さんと安冨先生が応援演説に来ていろんなお話しをされた。がんになって抗ガン剤治療を受けた江口さんは「髪がなくなることも左の胸がなくなることも、そんなことはなんともない、というくらい抗ガン剤の副反応は大変だった」という病気の実態を語られる。「治療じゃなくて治癒したいので、どうもお世話になりました」と病院の先生にご挨拶をなさったらしい。

身体のことと、彼女が市議会議員として働いていることがあるときリンクしてくるところをとても整理されて語られている。平さんのお話しも、安冨先生のお話しも、自分のごく身の回りで起こる色々な出来事と社会で起こっている色々な出来事は実は同じ構造で起こってるっていうことがわかる。

選挙の街頭演説とは思えない内容、全部で50分くらいなので是非聞いてみてください。





身体のことから食べ物を変えるところまではこのブログの読者にはお馴染みの体験だと思うけど、そこから世界の問題とどう結びつくのか、とっても個人的な事柄として完結してしまいがちだけど、そうじゃないんだ、ということを言葉にしてもらい、行動して見せてくれる江口さんなのです。

山本太郎さんの選挙の時に一日中太郎ちゃんの演説のツイキャスを聞きながら仕事していた、あの時の高揚感を感じるような江口さんの選挙です。是非当選してほしいなぁ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月17日(日) 鶏の焼き方、簡単なつけあわせ
5月19 (火) ファラフェル、ピタまたはベーグル
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
関連記事

コメント

江口さん、いい!

やっと聞けました。
プールで亡くなった方があっても、なかったことにしてしまう。
この、身につまされる話を市民なら聞き捨てならない。は〜。
そして、それが、ガンときちんとつながっている。お見事!
ペンギンさん、紹介してくださって、ありがとうございました。

Re: 江口さん、いい!

> rantanaさん
わー、聞いてくださってありがとうございます。
目の付け所がなんか全然違うんですよ。

コメントの投稿