背腹運動再開。

朝から降った台風の雨も夕方には小降りになって夜はすっかり静かになったけど肌寒い。

いろいろと思うところあって西式の背腹運動を再開した。

これは西式の体操の中でも一番重要な体操だそうですが、ほかの体操に比べると難しい。
(興味のある人は検索してね)

まず準備体操がいるし、お腹の運動と揺れる運動を同時にしないといけない。慣れるまでに時間が掛かる上にそれほど効果を感じない(つまり、ほかの西式の体操の効果はやった瞬間にわかる、というような即効性がある)。

体操なんだけれど、交感神経と副交感神経のバランスが整えられるそうで、この運動をしながら想念すると、精神の奥のほうにその念が届いて願いが叶うという素晴らしい運動。まぁおまじないみたいなものかもしれませんが、甲田光雄先生によると、一番気持ちいい、疲れもすっと取れるのだそうです。

上手になったら背骨がびゅーんとムチのようにしなるんだそうですが、そのレベルまで達するにはまだまだ修行が必要なのです。

背腹運動は座った状態で出来るところも魅力で、家の中が散らかっている我が家にもむいてます。

で、なんで背腹運動か?というと、交感神経と副交感神経のバランスを整えてもっと良い想念の中で生活しよう、と思ったのです。断食などを趣味にしていた頃、前半はまだ腸マヒが治ってないのでたいしたことはないのですが、腸マヒが治った頃からのキレの良さは日常生活に支障があるほどで、ある意味ちょっとイっちゃった人になってしまうのですが、そろそろダラダラするのもやめよう。もうちょっと周波数上げてもいいかな、世界はすぐに終わらないみたいだし、と思ったのです。

だけどいきなり断食などを再開しても補食で失敗するのは目に見えている。補食が守れないのは周波数が断食に合ってないのだ、ということが以前の少食断食生菜食などの実験でよくわかったので、今回はまず周波数を上げてから食べ物のほうを合わせていくという方法にしよう、という魂胆です。

ダッカに制作滞在のために行ってホテルからアトリエに移った最初の夜、全然眠れなくて何時間も野口法蔵先生のお経のCDをリピート演奏しながら背腹運動をしていた夜を思い出すのです。なんであの時背腹運動をしようと思ったのかはわからないけれど、眠れない夜にお経を聞きながら長い時間身体を揺らしていたのはなんとも楽しい時間で、西式の運動はいいなぁ、と思ったものです。

西式の運動はだいたいどの運動も腸がよく動く運動なのですが、背腹運動はお腹の出し入れをするのと身体を左右に揺らすので腸がよく動きます。結果も出ます(トイレで)。

さて、ここ3日ほど続いている背腹運動ですが、精神の周波数が上がってるかどうかは分かりませんが、夕方の寂しくなる時間におやつに手を出すというのがないのでちょっと効果が上がってる気配です。

柿茶、水マグ、平床、木枕くらいしか続いていない西式健康法ですが、知っているのでその気になればいつでも再開出来るので過去の勉強は無駄ではありません。知ってるし、いつでもできるという慢心が堕落の元なのです(反省)。

背腹運動、なんともスピリチュアルな体操なんですよ。

原発が爆発してからダラダラ生活を続けていますが、肉体を持ってこの世に暮らす楽しさを満喫して、それはそれで良い生活です。まぁ、どんなに健康に気をつけたとしても不死にはならないのですから、好きに生きればいいというものです。
ダラダラ生活は本を読むスピードがすごい落ちるのですが、のんびりと本を読むのも良いものです。家の中が散らかってるのは少食のときもダラダラの時もあまり変わらないみたいです。

さて、背腹運動いつまで続くか、楽しみにしてください。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月17日(日) 鶏の焼き方、簡単なつけあわせ
5月19 (火) ファラフェル、ピタまたはベーグル
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
関連記事

コメント

背腹運動っ

>捕食が守れないのは周波数が断食に合ってないのだ、ということが以前の少食断食生菜食などの実験でよくわかったので、今回はまず周波数を上げてから食べ物のほうを合わせていく

ほほう、私にはこれはなかなか新しい視点です!
今度そういう意識を持って断食などしてみようと思います。
私も夕暮れ時は魔のオヤツタイムでいかんです。

背腹運動、私は朝起きぬけのぼ~っとしたときに瞑想の導入体操としてやっています。
10分くらいブンブンやって、その後10分程度ぼ~っと座る。
急に瞑想しようとすると頭の中が煩くて難しいのですが、背腹運動で動きながら適当にアファメーションを唱えて、それから瞑想に入ると意外と頭の中が静かになります。

お腹の出し入れ、というのが私はよく掴めてなくて、腹式呼吸を早めにして対応してますが、そうすると鼻息がフンフン荒くなっていまい、それでいいのかどうかちょっと悩みますねん。

Re: 背腹運動っ

>たこさん、

周波数っていう言い方が適切なのかどうかよく分からないんだけれど、精神のレベル、うーん、やっぱり周波数かなぁ、が断食なんかにカチっと合ってる時にすると無理なく断食が出来て生活も調和するんですよねえ。その辺が甲田先生のおっしゃる「心の宿便」ってやつなんじゃないかな、と思うんです。無理して断食したら、断食してる最中はブンブンだけど、捕食で一気に崩れてそのあともあれたべたい、これたべたいになるからなぁ。

背腹運動はそのまんま瞑想ですよねえ。想念が実現しちゃうから、悪い事考えたらダメなので甲田先生は
よくなるよくなる、と唱えるんですね。
お経のCDは20分あるので、結構長い時間やってますね。

お腹の出し入れは呼吸と関係ないんですよ。背腹運動は最初お腹の出し入れを練習して、それに身体の傾けを付けて練習します。すごい体幹が鍛えられる体操だよねえ。

夕方のおやつタイムに晩御飯をたべたらいいのに、とか、一日一食がいいのかもしれない、と思うんだけど、生活があるのでなかなか(奥さんが一緒にご飯を食べるのは大事なお仕事)
夕方お腹すいておやつ食べたい周波数に落ちてきたらお経聞きながら背腹運動するか!

お腹の出し入れ

お腹の出し入れは呼吸と連動しないでいい、そうですか!
しかし私は呼吸を連動させないと息を止めてしまうのですよ・・・本当に無器用なので。
練習が要るなぁ~。

ところで今日私は便秘で体中に毒が回ったような嫌な感じがするので(でも便秘はしていないのです)ぺんぎんさん流の出汁寒天液断食をします。
たぶん、このところ3日に2日は小麦粉を焼いたものを1食食べていた、おやつにしている「黄粉ねじり棒」の食べすぎが腸を詰まらせている感じがします。
触ると左の腸、硬いですもん、、、。

Re: お腹の出し入れ

> たこさん、
そういえば、お腹の出し入れの練習する時は息が止まりますねえ。たぶん準備体操が大事で、これをやるとあくびがいっぱい出て身体が緩むのでそのあとの運動がスムーズになりませんか?なかなか難しい体操なので、ゆっくり練習してください。わたしも最初は息をつけないとできなかったなぁ。

すまし断食いいですね!わたしはおでかけとセットで断食しようと狙ってます。思うに、水分飲む量が減ると色々たべたくなるような気がするの。断食中は特にたくさん柿茶を飲んでました。

コメントの投稿