庭草入りおいしい青泥

背腹運動は朝晩まだ続いている。再開したら3日くらい首が筋肉痛になるけれど、それも治って順調です。
背腹運動をやっていてもまだ断食する気にはならず。でも食べる量は減ったし、夕方のおやつも食べてない。

「他者を理解するために自分を変える」という話しが安富歩さんの著書「複雑さを生きる―やわらかな制御 (フォーラム共通知をひらく) 」に出てくるけれど、まさにこの経験をしているところだなぁ、とちょっと感動している。背腹運動で少食を目指していることではなくて、少食にしなければマズイことになった現実のことを言ってます。(遠回しすぎ?)

この経験と今の実験については来月の日曜日の教室でみなさんにシェアするために今から資料を作っています。めっちゃ楽しみにしていてくださいね!!

最近野菜が高い。産直市でもありきたりのものしか売ってない。
わたしはまだ本式の甲田療法の青泥に戻ってないので野菜250gを一度に食べているわけじゃないけど、レタスだけの青泥とか楽しくない。

ちょうど庭にはワサワサと美味しそうな若葉が茂っている。これを使わない手はない。春限定の野草入り青泥。

fc2blog_201505182130324d5.jpg

おなじみのフェンネル、よもぎ、牛膝(イノコヅチ)、コリアンダー。
牛膝は関節にいいとか、全草が薬だそうだ。薬草系は生でたくさん食べると強すぎる場合があるので、たくさん入れすぎないように注意します。以前、毎日ジュースを絞って飲んでた時に、よもぎやスギナをたくさん入れたら気持ち悪くなって大変だったことがあるのでそれ以来気をつけています。薬だということは毒でもあるってことですもんね。

さて、庭草入りの青泥を飲んだ連れ合い、「今日のはちょっと青臭いね」
う、うん。りんごが入ってないから・・・

買ってくる野菜だけじゃない青泥はまた格別な楽しさがあります。

今日は天気が悪かったせいか、午後にちょっと横になっていたら何やらもようしてきて、トイレにいったらなんだかたくさん出たのでした。あぁ、さようなら、ありがとう。

庭に出て青泥に入れる草を摘んでいるとなんだか豊かな気分がするのです。牛膝は種がひっつきむしになる厄介な雑草なんですが、青泥用に葉を摘んでるから脇芽が伸びて秋には大変なことになるやろな、と思うとちょっとゆううつ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月19日 (火) ファラフェル、ピタまたはベーグル
6月21日 (日) 背腹運動、生菜食
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
関連記事

コメント

コメントの投稿