「パンク・シンドローム」

最近夜になったらもう眠くてたいして何もできないので、映画に行ってきた。

fc2blog_20150604225830bb2.jpg

「パンク・シンドローム」
フィンランドの知的障害者パンクバンドのドキュメンタリー。もともとはワークショップがきっかけで結成されたバンドなんだそうな。

パンクのコードとリズムに「ちょっとの尊敬と平等が欲しい」とか、「施設の飯は豚の餌」とかパンクらしい詩が乗せられ、ほんとうにパンクらしいパンクロック、21世紀最先端のパンクロック。

知的障害といっても、自閉傾向、多動、ダウン症など多彩な障害で、バンドで作曲や編曲を手がけるペルッティは一種の天才だし、ダウン症のトニが叩き出す重たいドラムスはトニ以外だれにも叩けない音だ。

ライブハウスや野外コンサートでもしっかりお客さんを踊らせて、パンクスのファンも大喜びのステージを繰り広げる。

障害ってなんだろう?って思ういい映画でした。横シネさん、いつもレアな映画を丹念に上映してくれてありがとう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
6月21日 (日) 背腹運動、生菜食
6月23日 (火) ピタ、フムス、シュニッツェル
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

関連記事

コメント

コメントの投稿