帯を買ってしまいますた。

お気に入りのリサイクル着物サイトをぶらぶらしていて・・・お!綴れ帯だ。売れてるじゃないか。他にもないかな、綴れ帯、などと検索していたら、結構いろいろある。値段もいろいろ、状態もいろいろ。

なぜか綴れ帯は白っぽい色のものが多い。わたしが母から譲り受けたのもベージュで白っぽいといえば白っぽい。
やっぱり良いやつはお値段も結構するけれど、ものがものだから高いといっても大して高くはない。

綴れ織は結構好きで、織物学校にいた頃にタピストリーを何枚か織っている。糸を絵の具に色糸を合わせながらえーっと、あーでもない、こーでもない、と織るのはとても楽しいんです。綴れ職人の道も考えたんですが、そんな地道なことを仕事にするだけの覚悟もなく、たぶん素質もなくて出稼ぎにいってしまいました。

綴れ帯は八寸なのでしっかりしてるけど軽い。おまけにお腹に二重に巻いてぎゅーっと引っ張っても締りにくいくらい摩擦があるので緩むこともありません。もっといえば、糸を裏に出せば裏返しにして使うことも出来るので、良いのだ、というようなことを祖母から聞いたことがあります。(実際には斜めの直線がガタガタになったりして裏は裏だけど)

とにかく、柄のところは爪で糸を寄せて織るので時間がかかります。ボカシがあると一段ずつになるし、ボカシの入れ具合にも職人さんのセンスが生かされるところで、そこも綴れ織の楽しみであります。
無地の部分は筬(おさ)でバンバン織るので普通の織物とあまり変わりはありません。

おお、いいなぁ、青い帯って持ってないし、状態も悪くなさそうだし、お値段もそれほど高くない、つぅか、このお値段なら買うしかないでしょ!とポチってしまった。リサイクル市場では綴れもジャカードも値段変わらないってどういうこと?

届いた帯を着ていた着物の上に締めてみた。柄出しうまくいくかしら?

fc2blog_20150611224051ba1.jpg


この帯はボカシがたくさん入っていてとっても手の込んだ綴れ織です。柄も生き生きしているし、色使いも”芸術品でございますのよ!”とツンとしてないところも素晴らしいです。
この帯の持ち主がどうして手放してしまったのかわかりませんが、大事に使わせていただきます。

うっうっうっうれしいな。こんな織物を一段一段、ボカシのいれ方とか、ハツリの仕方を眺めて、杼(ひ)が何丁で、こっちから入れて、つぎはこれをあっちからいれて、この辺までだーっと織って、つぎはこっちから攻めて、などと見ていると何時間見ていても見飽きません。この帯は織ってる人も楽しんで織ったんだろうなぁ、という雰囲気が織り目から伝わってきます。
美しい織物で身を包む幸せ・・・これぞ着物の醍醐味だわ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
6月21日 (日) 背腹運動、生菜食
6月23日 (火) ピタ、フムス、シュニッツェル
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿