半襦袢の改造。

世の中にはかわいい帯をご自分で作られる方とか、着物を縫う方とかたくさんいらっしゃるけれど、わたしは襦袢の改造ばっかり。ガウンに衿と袖を付けて長襦袢にしたり、半襦袢を白いのが嫌で染めたり、背中に紐を縫い付けてみたり。
襦袢フェチなのかしら?

半襦袢というのは、肌着に衿とレースの筒袖がついたもので、丸洗いが出来るし、着付けも簡単で便利なものですが、市販の半襦袢についている衿はポリエステルで、これが暑い季節には蒸れるので外してしまった。衿は身頃と一緒に縫い付けてあるので、ポリだけ外そうとしても衿ごと外れてしまって縫い直さないといけないんだけれど、着心地のためにそれくらいの仕事はしよう。
実際、ポリエステルの半襟を外したらあの息苦しくなるような蒸し暑さが軽減されます。衿は手ぬぐいを折りたたんで使ってるのですが、化繊が入らないだけで全然違います。

世の中には2部式シャーリング襦袢なるものがあるということを最近知りました。
背中はゴムが入っていて、衿先はボタンで身ごろに留めるようになっていて、衿も開かないし衣紋も詰まらないし、紐がないから快適なんだそうな。
調べてみると、4000円くらいで、身ごろは晒しだけど、衿と裾除けはバッチリとポリだし、わたしが欲しいのは上だけなのに上下セット。気に入らないなぁ。
それなら半襦袢を加工してしまえ!背中にゴムだろ、ゴム。

というわけで、背中にゴム入れてみました。

fc2blog_201506132106271b1.jpg
染められて、衿を外され、替え袖が付けられるようにされて、ついにゴムまで縫い付けられた気の毒な半襦袢。

衿先のボタンの位置があんまりよくわからないので適当に付けて、背中の紐は外して半襦袢を着た上から裾除けを着付けることで衿先を固定して着てみた。

着物を着てから半日ほど経った頃。
fc2blog_20150613210510dcf.jpg

相変わらずの衿元のユルっと感で、ボタンの位置は要調整ですが、確かに衣紋は詰まってこないし紐がないから楽かも!ゴムの位置も身八つ口より上にしたほうがいいかも。裾が割れそうになってるけど、改造タイシルク裾除けは裾が筒なので脚が出ない。

レースのお袖もうちょっと短くしよう。もう一枚の半襦袢もシャーリング襦袢にしてしまおう。

身ごろをカットソーで細めに作って衿と袖を付けたような半襦袢だって着やすそうな気がするんだけど、そんなのないのはどうしてかしら?着物の下着類ってもっと工夫の余地があるような気がするなぁ、晒しやガーゼなのは着物に色が移ったりしないようにだろうけれど、ジャージ生地でもいいような気がします。ジャージ生地で色々縫えるように、ロックミシンのアタッチメントをヤフオクで買い足した。

fc2blog_201506132142415f9.jpg

ドツボにはまってる感じです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
6月21日 (日) 背腹運動、生菜食
6月23日 (火) ピタ、フムス、シュニッツェル
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
関連記事

コメント

No title

お〜、早速作られましたか!
ラクそうな着姿、ステキです〜♪
筒状の裾除け私も作ろうかな〜とか、白くない半襦袢いいなぁ、などと、シャーリングと関係ないところに目を奪われております(笑)
衿付きカットソーは男ものにはあったような…
ホント、着物の下着はもっと楽しくできますよね(^^)

Re: No title

> Bettyさん、
衿のボタンの位置がまだまだ要検討なんです。
下半分が筒になってる腰巻、いいですよ。冬は暖かいし、見た目は普通だし。
衿付きカットソー、気に入らないTシャツを改造して作ろうかしら。前身頃は羽裏?。
昔の人も案外好きな布で作ってたのかもしれませんね、縮緬は着やすいわぁ、とか言ったりして。

コメントの投稿