夏の着物旅行考。

急に暑くなって、って毎日書いてるような気がする。この暑い中着物で旅行していて思ったこと。

着物でも服でも暑いのは一緒!

お出かけの場合、暑いのは外を歩いている時だけで、乗り物の中や建物の中はだいたいエアコン寒いので、着物のほうが寒暖の差が少ないような気がしたな。
服でお出かけのときはブラだの、ストッキングだの、不快指数が上がるボディメイク下着類があるので、補正なし着物のほうが実は楽かもしれません。家の中では着物よりもノースリーブがいいけれど。

要するに、着物は身体と衣服の間に空気の流れる層を作るけれど、洋服は皮膚の上に布を貼り付けるような感じじゃなかろうか。着物は露出は少ないけれど、風が吹けば着物の中の空気が入れ替わるので息苦しさは少ないように思う。もちろん、着方によるところは大きいと思われます。

着物で一番暑いのは、着物を着て帯を締める時じゃないでしょうか?
自宅だったらさぁ着物着るぞ!とエアコンをガンガンにして、水で身体の汗を流して、身体も冷やして、エアコンルームで着物に袖を通すのですが、帯と格闘してるとまた汗がじわりじわりとなりますが、ホテルで着物を着るのは快適。空調もあるし、なにより全身がよく見える姿見が完備している。

実家では鏡がないので適当に着るから裾がどんな具合になってるのかよくチェックできませんが、意外となんとかなるもんです。

着物の中身ですが、あつさ対策としては、麻の長襦袢に小千谷縮みの半衿。肌着は絹のキャミソール。下半身は湯文字。
襦袢の紐はコーリン着物締めというコーリンとゴムベルトが一体になってる便利グッズを使ったので、衿も衣紋も珍しくキープできて移動が多い旅行にぴったりだし、ゴムベルトが暑いということも、あせもにもなりませんでした。

問題は着物の紐ですが、腰紐はしっかりしめて、胸紐は・・・帯枕の紐があるから抜いてしまったほうが良さそうです。バイキングの後は暑いのとちょっと苦しいのとで紐抜いちゃいました。夏に帯枕を使うんだったら胸紐はいらないな。

下着ですが、絹のキャミソールは木綿のTシャツより快適で存在を感じないくらい。汗でべたつく感じもなく良かったです。
夏は半襦袢にステテコがいいという方もいるけれど、半襦袢についてる筒袖が暑い。それなら長襦袢にするか、半襦袢は袖なしまたは筒袖なしの夏仕様に改造したほうが良さそうに思いました。

で、湯文字。
ウエスト周りに力布がくるのでこれがプチ補正と汗取りになってる感じがしました。ま、西洋下着がないので、薄い夏着物にはいろいろ便利ですが、ステテコ派の人には使えないのが残念です。着物が白いと長襦袢の中に湯文字の線が見えるだろうから、白い着物が多い人には肌色湯文字とかがいいかもなぁ。

足袋はまぁ窮屈ではあるけれど、靴やサンダルよりはマシ。裸足で下駄にしたいところだけれど、たくさん歩くなら足袋があったほうが足が痛くならなくていいので、歩くときはやっぱり草履がいいかなぁ。

一番ネックだな、と思ったのが、着物だと同行者が「苦しいのを我慢してるんじゃなかろうか?足が草履で痛いんじゃなかろうか?歩くのが遅いんじゃなかろうか?」と気を使わせるところですが、実際には心配してもらうほどのこともなく、普通に歩けるし、信号が変わりそうになったら走るし、柵を乗り越えたりはできないけれど、バイキングだって食べられ。

お袖があるのと、マキシ丈というだけで、やっぱり着物って普通に服なんだなぁ、と当たり前のことを確認したのでした。

fc2blog_20150712233451547.jpg

着物旅行最終日、実家で鏡なしで着替える。新幹線の階段で裾を踏んでもいいように木綿の着物。名古屋帯はもうしんどいから単の半巾をカルタ結。母とちょっと出かけて、夫と待ち合わせして新幹線&ローカル線&バスで帰ったのでした。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
7月14日 (火) チキンのベンガル料理
7月26日 (日) 魚のベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

関連記事

コメント

コメントの投稿