着物のお手入れ。

着物を着だして3年目の夏もそろそろおしまい。
わたしの着物は母のお古がほとんどで、母はそれほどきちんと手入れをしていたわけじゃないから、よく着ていた着物かどうかは袖口を見ればわかる。

ワイシャツの袖口みたいに汚れている。これを着物のお手入れに出したら別料金が掛かって高いんだよなぁ。だけど襦袢を着ていても着物の袖口は肌と接触してしかも動くので腕を着物の袖口でゴシゴシしてるようなもので、汚れないわけがない。

そうだ!テープを縫いつけたら袖口の汚れやスレは防げるぞ!とちょうど手芸洋品店のセールもやってるので試しに買ってきた。

仕立上りの単の村山大島。まだ試着しかしてないから汚れないうちにテープだ!

fc2blog_201508222126515e7.jpg

いや、テープが生成りと真っ白しかなくてさぁ。染めたらまたそれは手間がかかるし、色落ちして着物を汚すリスクもあるわけでぇ・・・

着物上級者の人から白い目で見られそうな改造だけど、わたしはべつにこの着物でお茶会にいくわけでもなく、ごく私的なお出かけで着るだけだもの。袖口から白いレースが見えててなにが具合わるいことがあるかしら?

テープは試しに2本買った。もう一本は・・・やっぱり単の着物かな。

fc2blog_201508222127111a3.jpg

これはリサイクルで買った着物で、薄地の紬で家の普段着に着やすくて気に入っている。染めは茜だろう。機音が聞こえてきそうな本当によい紬。技巧に走ってないところが素晴らしい。これは白い縞が入っているからか全く違和感がないわ。

これで着物の袖口問題はプチ解決したけれど、手芸洋品店でもっと丹念に見たらいろんな色のレースがあるのかしら?
合わせの着物の袖口にもつけたいくらいだけれど、フキ(裏地をちょっと表から見えるように出してぬいつけてある)の下にくるから色があわないとおかしいのよね。

もうすぐ着物がきやすい季節がやってくるわぁ、着物の着方は大して上達しないけど楽しみだなぁ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


関連記事

コメント

コメントの投稿