マハーブリプラムでカプチーノ。そしてチェンナイまで戻る。

マハーブリプラムはすごく暑くて、風が強いので日傘もさせず、ヨレヨレになってお宿の近くのカフェに入ったら・・・

fc2blog_2015100221421695d.jpg

こんなすごいエスプレッソマシーンを備えたカフェでエアコンもいい感じで効いていて、田舎町なのに観光地はすごいなぁ。

マシンはオーナーらしきお兄さんだけが操る。こんなところでカプチーノが飲めるなんて、インドって奥が深い。

fc2blog_20151002214251ae5.jpg

この街は外国人サーファーがくるところのようで、ボディーボードを持ってリュックをかついだ白人女性なども見かけました。

朝の散歩のときに出会ったのがベンガル人の一団。
fc2blog_20150908012806508.jpg
その話しはこちら→ついベンガル語に反応してしまう。
おばちゃんたち、無事に家に帰ったかなぁ?

インドってどんなところでも普通の生活の中に旅行者が紛れ込んでいるという感じなのですが、ここは街の中全体がツーリストの街!という感じで、レストランで働いている人たちもインド東北部から来ているネパール系とかナガとか、タミル語は話さないけど、ヒンディー語と英語できます、という感じの人が多かった。レストランもホテルも外国人向けとまではいわないけれど、旅行者が沈没しそうな気配のある街でした。

というわけで、またバスに乗ってチェンナイに戻って、まずは博物館。
連れ合いは30年前にチェンナイの博物館にきて、木彫のコレクションがすごい!と感動したらしいけれど、それらしい展示はなく・・・真鍮の展示は展示方法も素晴らしかった。エアコンも効いていたので、ブラスコレクションは博物館の目玉なのでしょう。

とても広い博物館、展示も棟によって別れているので敷地自体がすごく広い。なぜかいろんな人が中庭でお弁当を広げて食べているのがよくわからなかったけれど、学生さんのような人もいれば、勤め人風の人もいて、あのような広大な施設のわりにはキャンティーン(軽食堂)がなかったり、と広すぎてよくわからない。

博物館を出て、タクシーを捕まえようとしていたところで、夫が酒屋を見つけてお買い物。

fc2blog_20151002220611f85.jpg
インドでお酒はドラッグ扱いなので、こんな感じでひっそりと売られている。

夫の買い物が終わるのを待ってる間に博物館の壁の写真。めちゃ広いねん。

fc2blog_201510022205477b0.jpg

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
11月15日 (日) 内容未定。
11月17日 (火) バインミー、または焼きビーフン。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

関連記事

コメント

コメントの投稿