チェンナイうろうろ。

さて、気を取り直して・・・・3人くらいの人が楽しみにしてくれている旅行記もそろそろおしまいが見えてきました。

チェンナイは大きな街なんだけど、あんまり街歩きが面白くないので市内電車に乗ってジョージタウン(英領時代の古い町並みが残っている問屋街)に行ってみることにした。

市内電車は一部高架になっていて、新交通みたいなものかしら?と思ったら、広軌道(列車の幅が広い)の国鉄の三等列車がそのまま走っていてびっくり。この電車、朝夕は通勤ラッシュになるそうです(写真不可)
どこまでいっても5ルピー。

fc2blog_20151005232211f5e.jpg
こんな古い建物がたくさん残っている。

fc2blog_20151005232248e1f.jpg
イラン人茶屋。建物自体もペルシャ系の人が建てたもの。ムガール王朝は公用語がペルシャ語だったくらいだから、ペルシャ人たくさんいるわけです。

お昼を食べた後(その話はまた別のとき)、食堂の写真を撮っていたら、隣はアルメニア教会だった。

fc2blog_201510052323351d7.jpg

運良く見学可能時間。管理人らしき人はインド人。アルメニア人はまだいるのか?と聞いたら、誰もいない。わたしが管理してるだけです、と言っておられた。ダッカのアルメニア教会はアルメニア人の管理人が常駐していて、アルメニア人もまだ数家族残っている。

fc2blog_20151005232413347.jpg

お墓が敷石みたいになっているのはアルメニア教会の特徴でしょうか?ダッカの教会も同じです。

fc2blog_201510052324519ce.jpg

チェンナイのアルメニア人、どこへ移っていったのか、少々気になります。

最終日の夕方、ちょっと時間が余ったので、チェンナイ一番のお寺、カパーレーシュワラル寺院に挨拶しに行くことにした。
fc2blog_20151005232536cbf.jpg

お世話になりました。無事旅行が済みそうです。

お寺の中で踊りのコンテストだか発表会をやっていた。

fc2blog_2015100523260757c.jpg

なんか中途半端な大都市であんまり面白くないところだな、と思っていたけれど、最期にお寺にご挨拶に行ったのが良かったのか、とても気分が良くなりました。信仰してないお寺なんか行ってもただ見学するだけで面白くないって思っていたけれど、やっぱり土地の神様にご挨拶をするというのは大事なことだなぁ。

なかなか味わいのあるチェンナイでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
11月15日 (日) 内容未定。
11月17日 (火) バインミー、または焼きビーフン。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


関連記事

コメント

コメントの投稿