値上げ前に買っておいた温亀が役に立つ。温亀、平板の使い方を整理しました。

値上げ前に誰か必要な人がいるかもしれないから、と一つ余分に温亀を買っておいた。
温亀については温亀カテゴリーを見てね→温亀さん

ずーっと必要もなく箱ごと玄関の棚の中にしまってあったけれど、父があまり具合がよくないらしい、という電話をもらって、おお!今こそ温亀の出番だ!と色めき立った。

温亀の使い方(レンチン法)を一度整理してみようと思います。

温亀は布で包みます。温亀の底の黒い部分は高温になるので、焦げてもいいようなタオルを厚めに当てます。
私のやり方は、タオルを当てた温亀をリネンで包むという方法で、別にリネンで包まなくても、タオルでグルグルにしてもいいんですが、まぁ、自分で織ってるのでね、温亀もリネンに包まれると気持ちよさそうな気がするんだもん。

fc2blog_201511052057241f4.jpg

父のために供出したのは、モン族のヘンプの布から作った袋。とっても出来がいいので連れ合いから販売禁止令が出ていたものです。

レンチン法の場合、温亀を袋から出す必要はありません。入れっぱなし。

500ワットか600ワットで4分くらいチンしてみてください。温亀にも個性があって蓄熱時間など違うようです。また、室温によっても加熱時間が変わります。

電子レンジから出した時に香ばしい良い匂いがしたら、タオルが焦げてるので、加熱時間を減らしてください。

わたしの家のレンジに比べて実家のレンジは性能がいいらしく、レンジから出した時に満遍なく熱くなっているので、使う時、最初はタオルなどを当てた上からお腹や胸に乗せてください。うちのレンジでは最初は外側はいい感じにホカホカしてるけど、だんだん中から熱が放射される感じがします。たぶん、あんまり上等の”ムラなく加熱”できるようなレンジじゃなくてもよさそうです。
時々寝室に温亀専用のレンジを置こうかと考えなくもありません。また、レンジを使いたくない人にも温亀だけはコンロで加熱するよりレンジがいいので、温亀専用レンジもご検討する価値があります。

温亀の半分の大きさの平板、
体が弱ってきたら温亀を乗せるのは重くて辛いかもしれないし、起きてる間に使いたい時には平板の方が亀より便利です。
うちには予備があったので、これも温亀袋セットを添えて。

fc2blog_201511052057544fd.jpg

リネンも袋もブルーのコレクションにしてみた。

平板は身体にそうカタチなので、落とすと割れる危険があります。割れると蓄熱時間も半分になってしまうので、落とさないように気をつけて下さい。

こちらも、黒い部分をしっかりと厚めにタオルを当てて、リネンで包み、袋に入れたり、身体に巻きつけるなら、風呂敷に包んだりします。

で、レンジで2分くらい。こちらもレンジのワット数や気温で変わりますので、レンジから出した時に香ばしい香りがしない程度にします。

平板と亀、どっちが使うかというと、やっぱり亀かなぁ。使いたい部位や持ち運びに無理があるかないか、などで選べばいいと思います。体力のない時に亀をよっこらしょと持つのは大変ですし、手術後などは重たい亀を身体に乗せるのも負担になりますもの。

身体が本当に悪い人、悪化方向に向かっている人には好転反応が辛く感じられるようですが、体力のある人、快方に向かう人には特に好転反応で辛いということはないようです。

健康な人には湯たんぽと何が違うのかあまり分かりませんが、怪我のある人や、冷えからくるいろいろな症状に悩まされている人にはきっと助けになると思います。

というわけで、うちの父はスペシャルな温亀袋セットに包まれた亀&平板を早速「これ、きもちええわ」と使ってくれたのでした。

fc2blog_20151104225912603.jpg

平板はレンジから出したばかりなのでタオルを敷いてお腹に乗せてる。高級機種は温亀には大きなお世話かな。

温亀はガラージュ・ベーで取り扱っております。ぺんぎんブログを読んでます、とおっしゃってくれたら、話しが早いです。(最近入荷したばかりなので、在庫ありそうですよ!)

郵便局または三菱東京UFJ銀行へのお振込です。先払いなのでご注意下さい。アマゾンで別の業者が販売していますが、その業者はわたしが書いた温亀の使い方を写真もそのまま無断盗用してくれた過去があるので、そこのところよろしく!

温亀や平板、消臭ぺんぎんなどはこちらから→http://garage-b.jp2016年9月2日URL変更になりました。

冬は温亀があるから寝るのも楽しいんだよね〜。お昼寝だって亀と一緒さ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
11月15日 (日) 内容未定。
11月17日 (火) バインミー。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 鍵コメさん、

心の籠ったコメント、ありがとうございます。
温亀、いいですよね〜。
もし差し支えなかれば、鍵コメさんのブログ、お知らせください。遊びに行きます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 鍵コメさん、
お返事遅くなってもうしわけございません。

ブログ、拝見いたしました。ご紹介ありがとうございます。
ご家族、好きである必要なんかないですよ。親子関係だってサッパリ切ってしまう人もいらっしゃるし、わたしはこれも行のようなものだと思って自分のために親と付き合ってます。

今母のサポートをしているのもそれが将来の自分たちの利益になるからで、情がないとはいいませんが、母に優しくして甘やかしているわけでもなく、わたしが厳しいことを言うので時々切れて怒ってます。

疲れますよね〜、ほんと、家に戻るともうゴロゴロしてだらしな〜くしています。

なんかね〜。自分の欠点がそのまんまソックリなんですよ。親もさぞイライラしただろうと思うけど、わたしも親を見ていて「なんでそこで妥協する!」とイライラしてしまいます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 鍵コメさん

ほんと、疲れますよねぇ。
義母が昔話してくれたのですが、似ているから欠点が目につくんだそうです。
親子兄弟って普通じゃない縁を引きずってこの世で家族として生まれてくるのだから、いいところも悪いところも、好きも嫌いもみんな意味があるんでしょうね。

子供にとって親って絶対権力者として君臨するんですが、子供が大人になった時に冷静に考えたら自分の方が優れてるところもいっぱいあるなぁって思いませんか?親は絶対認めないし、子供は認めてもらいたくて足掻くのですが、「別にみとめなくてもいいよ、わたしって優れてるもの」って思ったらあんまり気にならなくなりました。自分んことは自分で評価したらいいんだもの。


> いつか東京で展示会やイベントがありましたら、
> ぜひ伺ってみたいです。

わたしの展覧会はいつも温亀販売しているガラージュ・ベーさんでお世話になっています。
ブログでも告知しているので、是非チェックしてくださいね。
次は4月の末から恒例のTシャツ展の予定です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

温平板

四年半前の二人目妊娠中にローフードに興味が湧き、それからずっとぺんぎんさんのブログを愛読しております。西式甲田療法にも興味飛び火し、木枕は愛用しております。ぺんぎんさんのおかけで、病気になったら青泥と温亀でなんとかなるかな、と思っていたら、なんと41にして脳腫瘍が発覚!現在入院中です…。温平板は夫に振り込んでもらい、届き次第病室で使う予定です。電子レンジもあるので。大学病院ってすごいですね!
検査をたくさんしたら、当初の見立てより病状も大丈夫そうで、お薬や放射線治療法は不要かも、と言われました。開頭手術はしますが…。なので代替療法でなんとかなるかなー。温平板で温めて青泥だな!スロージューサー買うか…

Re: 温平板

> こぐやまさん、
コメントありがとうございます。
ご入院中のコメント、ありがとうございます。小さいお子さんを置いてのご入院、ご心配のことと思います。

平板は厚みがないので、電子レンジの具合によっては時間を間違えずにチンしても使用中に中からさかんに発熱して、板を包んだタオルや袋を焦がして外まで焦げてしまうことがありますので、時間は短めでチンしてください。

タオルは平板の黒い部分に分厚く当てて、つかっていて香ばしいいいにおいがしてきたらタオルが焦げているのでレンジの時間を短くしてください。亀も平板もピンクの部分に触っても熱くはありませんが、黒い部分はものすごく熱くなるので火傷をしないように気をつけてくださいね。

父の時も小さいので平板を病院に持って行って母がチンしてたのですが、病院のレンジはなんか出力が安定しない感じのレンジで病院のシーツを焦がしてしまって大目玉食らったってことがありました。火傷などのないように、本当に気をつけて下さい。

抗がん剤治療を始めたら生のものは食べられなくなっちゃうんですよねえ。

うちのお寺のご住職は脳腫瘍サバイバーで、結構大きな腫瘍だったらしく、腫瘍を取ったら腫瘍にもたれていた脳みそが一部崩れてしまったみたいになって、言語障害、記憶障害などが出たんだそうですが、なぜか父の鍼がよく効いて随分回復なさって、お経もスラスラと(何言ってるかわからないけど)暗唱してらっしゃるので頭のほうは大丈夫みたいです。檀家まわりもご自分で電車移動なさるし、頭の傷をみないと本当に脳腫瘍の施術をしたなんて思えません。

手術のあとはご自分がビビビッっときたものや事柄を続けられると良いと思います。身体の主人はあなたの魂なのだから、魂が「これは良さそう!」とおもうものは身体にはいいんですよ、きっと。

スロージューサーいいですよ。冷蔵庫でしなびた大根を大根おろしにすると水分が少なくて味の濃い大根おろしになって美味しいです。

手術が無事成功して、1日も早くご自宅に戻られて普通の日常に戻られますように、お祈り申し上げます。

木枕

ぺんぎんさん、お返事有難うございます。病院のベッドシーツ焦がさないよう気をつけます!医学部ではないのですが、いま入院している大学病院の大学が母校なので、看護師さんたちも、みんな後輩かぁーと微笑ましくみているのに、叱られるなんて、辛すぎる…。木枕かベッドに置いてあり、ゲルソン療法の本が置いてあり、医者からはあー、そーいう人かーと思われていると思うわたし…でもやれることは全部やらないと!元気に帰宅しないと!無言の帰宅ではなく…

No title

昨晩、初めて使ってみました!枕代わりに…ポカポカでぐっすり眠るはずが、術前説明を聴いたせいで、先生のお話が頭をぐるぐる周り、熟睡はできなかった…思いの外自分の繊細さに驚くあさでした(笑)
でも今朝の検温は「いつもこんなに低いんですか?」と言われてた低体温とは違い、平熱と言ってもいい36.5度で驚きでした…!

Re: No title

> こぐやまさん、
お返事遅くて申し訳ございません。
枕代わりに平板使ったら体温がそんなに上がるなんてすごい!!

手術の説明聞いて平然と寝られないのは普通ですよ。わたしはあまりブログにスピリチュアルなことは書かないようにしているのですが、食事療法のことなどを勉強していて、病気が治る人と治らない人の違いからアレコレ考えて自分なりに得た結論があります。

つまり、人はだれでも完全で素晴らしい存在で、自分自身のことをありのまま、欠点も長所もぜーんぶ含めてそのまーんま受け入れて、欠点だらけの自分でも”素晴らしい”んです。その素晴らしい自分自身を自分が信頼する、その上で療養やら丸々式やらがあるわけで、丸々式が目的になってしまう人はきっと治らない。または、方法は目的とは違うということにいつか気づく。食事法も道具も西洋医学もぜーんぶ助っ人なだけで、自然治癒力と言い換えてもいいのかもしれませんが、本当は自分が治るか治らないか決めてるんだと思うんです。

食事療法みたいなことを熱心にやってると、病気になったら、失敗とか、負けとか、間違ってた、などと思う人が少なくないですが、自分で選んでやっていたことに失敗も負けもなく、ただ、「ちょっと人生シフトチェンジしませんか?」身体からお手紙が届いたようなものではないかと思うのです。

病院は気の滅入るところですが、好きな本を読んで、好きな音楽を聞いて、知りたいことを勉強して、できる限り楽しい時間を過ごしてください。

先生があんまり高圧的だったり、自分が思うような医療が受けられないと思ったなら、躊躇なく別のオプションを探すといいですよ。あなたの身体もあなたの命もあなたのものですもの。大津先生の本は医者との付き合い方についても書いてあるので、余命半年でなくても読んでおくといいと思います。

朝の体温が上がってるって、いい兆候ですね。熱っぽい感じはなかったんでしょ?冷えは万病の元、手術が終わって、家に戻られた後は、食事法の枝葉末節にとらわれることなく、ご自分を信じて、ご自分のことを本当に大事に扱って、将来のことなど心配せずに、今の時間にやるべきことをやって、雑用も仕事も遊びも味わって、毎日楽しく暮らしましょうね。

本日開頭

ぺんぎんさん、丁寧なお返事ありがとうございます。
昨夜は、さすがに手術前日で眠れないかな、と眠剤を処方して貰っていたのですが、ポカポカ温平板と耳栓とアイマスクで爆睡でした…看護師さんにも驚かれた朝…違う意味で絶対大丈夫な気がします、私…。心太い…

Re: 本日開頭

こぐやまさん、
無事終了したでしょうか?オペ前の熟睡は良い兆候ですね。
余分なものをとってすっかりよくなられますように。

終わりました!

先ほどICUから一般の病室に戻ってきました!予定時間の約半分で済み、麻酔からの覚醒も早く、なんだか万万歳です。でもこんな風に病に倒れたのも一つの縁ということでし、少し食生活を見直したり生活態度を見直そうと思います。まずは体温をあげないと!

Re: 終わりました!

> こぐやまさん、
体温!ですね。早くご自宅に戻れますように!!

コメントの投稿