Shelterとベルトの仕上げ。

服地やショールは織って端の始末をして、縮絨、プレスしてしまえば完成だったけど、Shelterは気が変わったらシルエットを変えたり、足したり引いたりできるので面白い。

展示してみて気になったところを改造。細かい仕上げはお風呂場に板を渡してその上で加工します。

fc2blog_20151119213412172.jpg

アームホールを変えて、ベルト通しをつけて、昨日織りあがったベルトも仕上げ。

fc2blog_20151119213442964.jpg

えへへ、なんかかわいいぞ。なんて素敵な織物なんだろう〜。こんなベルトを締めている人がいたらフラフラとついて行ってしまいそうです。

作品とか、売り方とか考えたら割に合わないので誰も作らないんでしょうが、ベルトって楽しいかも。
あ、帯と一緒か。

和装の世界はめちゃくちゃ厳しくて、経糸の結び目はダメとか、そのわりにヒゲ紬は高級品とか、わけわからん世界です。実際、駒場の民芸館での公募展見ていても、帯や着尺の入選と準入選の区別がわかりませんもの。着物なんぞほぼ誰も着ない(お!着物だ、と振り返ったり、お!っと思うってのは、珍しいってことだもの。ほぼ誰も着てないのよ。)んだから、そんなガチガチに細かいこと言わなきゃいいのに。作る人もおおらかな気持ちで作ったほうが和装はもっと楽しくなるのに、といつも思うのです。
(帯は織りたいんだけど売り物となるととてもとても!)
お客さんがいうんだろうな「ここ、糸が出てる」とか。

次の作品の設計をあれこれ考えながら仕事場の片付けをしているうちに連れ合いが帰ってきて、彼の車を修理屋さんに取りに行ったついでにちょっとお茶などして、いなり寿司などつい買って帰ってきたのでした。

fc2blog_201511192135127d1.jpg

ああ、断食の効果もこれまでです。残念、また来週楽しもう。
お風呂に入ってたら次の織物の柄が浮かんだ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
12月13日 (日) 内容未定。
12月15日 (火) バインミー

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

関連記事

コメント

コメントの投稿