「三名さま」でご案内される。

オヤジさまが入院していた病院にお願いしていた診断書がやっと出来上がって、久しぶりに病院に行く。
毎日毎日ここに通って泊まったなぁ、とちょっと感慨深い。

fc2blog_20160201220740c7c.jpg

診断書をもらって、支払いをして、看護婦さんの詰所に挨拶に伺って、ついでに区役所に謄本をとりに行く。
謄本だ印鑑証明だ、住民票だなんだかんだ、こんな面倒がないように住基ネットをやったんじゃなかったっけ?あいかわらず、謄本の種類を指定して、手書きの戸籍のコピーを出してもらって、なんかすごいアナログなんですが、マイナンバーなわけで、これも頓挫するのが目に見えてるから申請しないで様子見してる人多いよねえ。
ちなみに、住基カードも作らなかったなぁ。

お昼ちょっと過ぎには用事も終わって、商店街でお昼を食べようとお店に入ったら・・・

「お二人さまこちらで、もうお一人はそちらにお座りください」って案内されて「二人ですけど・・・」って言ったら店員さんが目が点になって・・・


あれれ?お父さんついてきたのかなぁ?

わたしがお迎えの本など読んだからか、嫌な感じはしないけど、そこにいる感じっていうのはちょっと感じる。オヤジさまの幽霊が母のそばにいるならば、それはそれでいいような気がするし、母もそんなこともあるかもしれない、と思えば寂しさ半減でめでたいことのようにも思う。

むしろ、オヤジさまが母についていてくれるなら、わたしが自分のことを投げ出して母のサポートをしなくて済むので助かるのだけれどなぁ、と思うけど、そうそう雑用は一切しない人だった。

今日はいろいろと用事が済んで、次のステップへの準備が出来て、達成感に満たされてあまり疲れも感じない。やっぱり達成感って大事だなぁと思うのです。

こうやって用事が片付いたら、わたしもお役御免になってまた広島の家で引きこもる日常に戻るんだろうなぁ。

ご先祖さまが守ってくださるとか、そんなことあるかい!って思ってたけど、ご先祖さまというか、縁のある魂とこの世とあの世を隔てていても繋がってる実感というのを初めて感じた父の死でもあります。おばあちゃんや義父とは比べものにならないくらい縁が深い人だったんだなぁ。やっぱり好きじゃないけどね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
2月16日(火)
日曜クラス日程調整中

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

関連記事

コメント

コメントの投稿