満中陰の法要。お餅のひと型。

早いもので父がなくなってから7日が9回来た。
これまでは7日ごとの法要にお坊さんが家までやってきたけれど、9回目の法要でとりあえずは最後となる。つまり、亡くなった魂はこの世とあの世の間の中有・中陰を抜けてあの世へと旅立っていったらしい。

ふだんの法要は家で、だいたい母とわたしだけでご唱和させていただいたけれど、今回はまた親戚にも知らせを出して、ホテルに会場をとって(最近はホテルでも法事をしてくれる。考えてみたら結婚式でキャンドル使うんだから、ロウソクは問題ないし、あとはお線香の匂いと煙が問題なのかな?)お礼のお菓子とお食事を出す。

これは本当に葬式貧乏になるんじゃないか、と心配になるくらいだけれど、母としてはちゃんとやりたいらしい。

祭壇にお餅がお供えしてあるけど、どこで用意したんだろう?とぼんやり考えながらお経を聞いていたら、法要の終盤になってご住職が一番上にペロンと乗っている円のお餅を包丁で切り出した。

お〜!なんかやってるぞ。なにやってるんやろ?あ、危ない、まな板ひっくり返るで!おっさん、大丈夫やろか?
あれ?なんか並べ始めた。

とみていたら、こんなもの作っていた。

fc2blog_201602092305070b6.jpg

傘被って、杖まで持っている。わたしは満中陰の法要って初めて出たので知らないのですが、みんな「こんなんしらんわぁ〜」と言ってる人が多かった。

なんでも、これを屋根の上に上げて鳥に食べてもらうことで故人の魂が天に昇るのだとか、国家神道以前の神道でもおなじようなことをしたので、日本人の心の中にそういう気持ちがあるんじゃないか、とご住職がご説明なさってた。

お菓子を分けたり、ご飯を食べてすんごい久しぶりに従姉妹と話しをしたり、ちょっとくつろいだ。
母は洋装だし、わたしも紺の色無地に黒帯にでもしようか、と思って着物を着て行ったけれど、みんな黒だな、と思って喪服を着ることにした。

fc2blog_20160209230443bf3.jpg

全部終わって、荷物も車に積んで帰る前にパチリ。
黒の五つ紋の着物ってものすごいデザインだ。みんな持ってるはずなのに、どうして喪服着ないんだろう。わたしが着物を着れるようになりたいと思ったのは、親の葬式に洋装じゃなぁと思ったのも理由のひとつなのですが、こうやっておやの葬式には間に合ったけれど、着物着てる人は他にいないのでした。

さて、ご住職が作ったひと型ですが、お供えのお餅と一緒に分けてしまって、我が家ではちゃんぽんの入れて食べてしまったのでした。鳥の口にはいらず、わたしの口に入ったら父の魂はどこにいくんでしょうね?

「一段落ですね」と色々なひとから言われるけれど、なんかこれからが本番って感じです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
2月16日(火)レバーペーストとバイン・ミー
2月28日(日)蒸し野菜の料理いろいろ。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

関連記事

コメント

黒紋付いいですね。

こんにちは。

着らくさんのブログよりリンク先にたどりついて読んでおります。はじめまして。

着物とか青泥とか私もチャレンジしていることもあり、また在宅のみとりの仕事もしていたので興味深く読んでいました。

実はうちも主人の父親を年明けに亡くし、これから四十九日を迎えますが葬儀には黒紋付を着ました。こちらではめったにいません。
考えてみたらお坊さんもそこそこいい物を着ているので一人くらいは黒紋付でも構わないかと思うのですが。

本来喪主の主人の母親は認知症で、現在施設と行ったりきたりですが葬儀の後の家族の忙しいこと。体験しないとわからないですね。

お餅のデザインも見たことはありませんが、アリかと。
また読ませていただきますね。お身体気をつけて下さい。

Re: 黒紋付いいですね。

>もみじさん、
こんにちは。ご訪問&コメントありがとうございます。師匠のブログから来てくれるなんて、すごく嬉しいです!

義父のお葬式の時、義母も義妹も着物だったので、わたしはイ◯ンで買った黒スーツ(バンコクから駆けつけたので黒服が間に合わず・・・)でお義父さんに失礼だったなぁ、と気になっていたのです。礼を尽くした衣装で出席して失礼なんてことはないですよね。
ご住職だって葬儀の時は「コスプレ?!」と思うようないでたちでしたもの。49日もまたアレか?と密かに期待したのですが、もうちょっと質素でしたが、肩かけカバンみたいな法衣(なんていうのかしら?)を着ておられ、普通の7日ごとの法要とはちがいました。

葬儀の時、グリーンの色無地に黒帯でご出席してくださった方があった他はわたし以外着物はゼロでした。色無地に黒帯でお葬式っていうのは黒の5つ紋みたいに大げさでなくて良いなぁ、と思いました。わたしはブラックフォーマル買うのがいやなので、知り合いのお葬式などは色無地&黒帯で行こうと思いました。

みんな5つ紋の黒は持ってるだろうから、お召しになったらいいのにねえ。着るのが面倒なんでしょうけど、身内のお葬式だったら、葬儀会場の控え室でだべってる時間があるんだから、帯を結びあったりすればいいのになぁ。

法事のときにいとこから「自分で着たの?」と聞かれたけれど、着ることが最大の難関になってる感じがしました。
遺族の女性が黒紋付でズラ〜っと並んだらかっこいいのになぁ。残念です。

お優しいお言葉、ありがとうございます。もみじさんもどうかおつかれが出ませんように。

コメントの投稿