起こることはすべて最善!

いや、びっくりした。
2日ほど前、母が干し柿を食べたあと吐いたとは聞いていた。

この日は朝から金融機関をあちこちまわって、サクサクと用事が済んだので、ついでに梅田の某事務所まで出かけて用事を済まし、地元まで地下鉄で戻って、駐車場の近くの電器店で電池を買おうと歩いていたら、母の足取りが重い。

「お腹痛い」というので、電池は後回しにして家に戻って母を寝かせた。
その後、保険屋さんの用を済ませ、父がお世話になった胃腸外科までタクシーを呼んで母を連れて行った。

エレベーターで3階まで上がる間もうずくまっているし、クリニックのある階のトイレに行って嘔吐。トイレからクリニックまで歩くのも大変そうで、途中なんどもうずくまっている。こんな母は見たことない。
救急車を呼んだ方が良かったのか、だけど、救急車ってどこに連れて行かれるかわからない。

何とかクリニックに行き、保険証を出して、母のかわりに問診票を書いて、母を寝かせてもらって、先生の診察を待って、診察してもらったら・・・

「これは胃腸じゃないなぁ、泌尿器科行きましたか?結石の痛みに似てる」
その場で泌尿器科の先生に電話してくれて、診療最後の時間に飛び込んで診察してもらったら・・・

ビンゴ!
尿管結石だった。痛いはずだ。

痛いと嘔吐するって知らなかった。
今日たくさん用事を済ませて無理させたんじゃないか?こんなに痛がって、悪い病気なんじゃないか?と心配したけれど、腎臓が炎症を起こす前で、ちょうどわたしがいた時で、出先から帰ってきた時で、クリニックが開いてる時間で、胃腸科の先生が適切に判断して、素早く泌尿器科の先生に連絡してくれて(診察終了時間間際だった)看護師さんが一緒についてきてくれて、本当に助かった。
泌尿器科で尿検査をして、レントゲンとエコーをとったら、写真にバッチリ石が写ってる。

二度目の痛みが長引いたから病院に行区ことができて良かった。
一日遅かったら炎症始まってただろう。わたしがいなかったら、一人痛みでのたうち回って、ちょっと手遅れになって開腹施術が必要だったかもしれない。
父の入院中とか、お通夜お葬式のタイミングに石が動かなくてよかった。梅田でウロウロしてた時に痛み始めなくてよかった。本当に色々よかった。
痛み止めの点滴をしてもらって、病院から帰るころにはいつもの母に戻っていた。痛み止めって効くんやなぁ、驚いたわ!

造影剤などで検査をして、結局抗生物質で炎症を抑え、尿量を増やす漢方薬を飲んで石を流して、痛みが出た時には痛み止めの飲み薬と座薬で対応する、という治療方針。

弟が心配して母に会いに来てくれたけれど、あっけないほど普通。ほんとうに結石って石の角度とか、当たり具合で痛みが出たり平気だったり。なんか原因がわかっただけでもう治ったようなきがするものです。

自然療法やお手当などをやっていると、西洋医学を拒否してしまいがちですが、正確に判断がついて、短期で直すには西洋医学はほんとうに優れているので、西洋医学も自然療法もどちらも的確に使えばいいのだなぁと思うのです。

もちろん、石ができない生活をすればいいんですけど、まぁ、母にそれを求めるのも、本人はやる気ゼロですし。

「炎症系の病気に甘いものは厳禁だよ」、と言うと、甘いもの大好きな母、あの痛みには参ったらしく、甘いもの食べてないみたいです。まぁ、何日もつかわからないけど。

結石で痛みでのたうち回った人に言うのもなんだけど、幸いだった。
起こることは全て最善のタイミングだ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
2月16日(火)レバーペーストとバイン・ミー
2月28日(日)蒸し野菜の料理いろいろ。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


関連記事

コメント

行き先指定できます。

ぺんぎんさん、おはようございます。
関西は昨日から今朝まで大雨で大荒れの天気でしたね。

尿路結石の痛みは、病気の三大痛の一つに数えられるので、
お母様、本当にお辛かったでしょうね。
でも仰るように、全て良い方に転がって何よりでした。

細かいことですが、救急車は誰でも行きたい病院を
指定できます。
相手の病院が受け入れてくれれば、ですが。
私自身も掛かりつけの病院に運んで貰いました。

余談ですが、昔、私の知人は家族が倒れて急車を呼んだものの、
行き先を決めてくれと言われ、近所の病院に電話を
掛けまくったそうです。
これは、ちょっと酷い話だと思いますが。

Re: 行き先指定できます。

> Lushunさん、
ほんと、すごい雨と風でしたね。こんな雨の日に広島にいるとこわいんですよ〜。

あ〜、そうか。胃腸科のクリニックに救急車で運んでもらうってこともできたんですね。なんか救急車って救急受入れのある大きな病院って思ってました。
胃腸科から泌尿器科までは歩くには遠いけど、車じゃなぁという距離で、ほんとどうやって連れて行こうか困ったんですが、ちょっと痛みが治まっているスキに歩いて行ったんですよ。雨じゃなくてよかったって心から思いました。

病気のある人は掛かりつけ医がいるけれど、今まで掛かりつけだった先生が死んじゃったので、母も心細いことだと思います。
自分で探せってのも無茶な話しですね。

父が入院してから救急車の音を聞くと、祈るような思いがします。

クリニックはどうでしょう……?

ぺんぎんさん、早々のお返事ありがとうございます。

私の通院先は救急外来がある病院ということもあり、
普通のクリニックに救急車で運んでもらえるか、
は考えもしませんでした。
診療所から救急車で運ばれていく人は見たことありますが。

いくら症状が酷くても、クリニックだったら、救急車呼ばないでくれ、
とか言われそうな気もしますので、
一度、病院の先生に聞いてみます。

Re: クリニックはどうでしょう……?

> Lushunさん、
そーですよねえ、父のクリニックにも救急搬送されて来るなんてことはないですもんねえ。

コメントの投稿