実家の片付け。

母はすっきりした家で暮らしたいという。
しかし・・・古い伝票もぜーんぶそのまま置いてあるのにだれがどうやってすっきりさせるというのか?

家の片付けといっても診療所のパートを片付けるだけでも大変な騒ぎ。お金関係のアレコレに目処がついてきて、母もちょっと心の余裕をとりもどしつつあるようで、本格的に片付ける気になってくれた。

片付けって、断捨離でもそうだけど、家から持ち出すまでは大変なカオスになる。そのカオスに耐えるにはかなり心の余裕が必要だ。家具類を片付けるには、家具の中にあるものや上に置いてあるものを片付けないと動かせない。

というわけで、今日はがんばりました。

fc2blog_201602210002374ec.jpg

弟夫婦が来てくれると百人力!どんどん片付いて床が見える!(ってどれだけ?)床が見えて、棚が空いて、棚に仕舞われていた缶の中から戦時中の硬貨が出てきたり、父の履歴書が出てきたり、育英会奨学金手帳が出てきた。

しかし、実家の片付け、母はもう80歳だし、しっかりしているけれど今手伝って片付けないと、母亡き後はもっと大変な事態になってる。思い出系のものをどれだけ残すか難しいところですが、父の遺品を片付けていて、昔のバカな写真とかは早く捨てよう。思い出なんかどうでもいいや!と強く思ったのでした。

今はまだ1階を片付けてるだけだけど、2階は全然手つかず。考えたらクラクラしてきた。本当に弟たちが一緒にやってくれて助かる。私一人じゃどうにもならないわ。

わたしも自分の家片付けよう。着物も趣味の茶道具もホドホドにしておかねば!と大いに反省するのでありました。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
2月28日(日)蒸し野菜の料理いろいろ。
3月15日(火)キチュリ(ベンガル料理)

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


関連記事

コメント

コメントの投稿