「消えた声が、その名を呼ぶ」

久しぶりの映画だぁ〜。映画行きたかったよぉ〜。映画って観たい映画は立て続けにやってきて、映画観たいときに見たいものが掛からなかったりするのですが、今日は上映時間といい、タイミングといい、連れ合いの都合といい、バッチリだ。

「消えた声が、その名を呼ぶ」

たぶん劇場映画で初めてアルメニア人大虐殺を主題にした映画で、しかも監督はトルコ系のファティ・アキン。第一次大戦中にトルコで起こった事件。未だにトルコ政府はアルメニア人弾圧について「そんな事実はありません」と否定している。
アルメニア人虐殺や、死の行進についてはハフポストの記事がわかりやすいかな?
http://www.huffingtonpost.jp/2015/04/24/armenian-genocide-controversy_n_7140572.html

「第一次大戦の昔の話しだよね」と思って見てられたらいいのだけれど、人間ってずっとこんなこと繰り返してる。日本人だって満州から死の行進をして日本に引き上げてきたのだから他人事じゃない。

なんか人間ってずーっと同じことを繰り返すどころか、ますます悪くなってる感じがする。
普通の生活が普通に続いてるっていうのはなんと愛しいことだろう。

映画は一種のロードムービーになっていて、登場人物もトルコ人、アルメニア人、ベルベル、アラブ人、キューバにアメリカといろいろで、どこにでもいい人もいれば悪い人もいるし、主人公もいい人じゃない。

娘を探して難民キャンプにたどり着いた主人公は義理の姉を見つけるが、瀕死の彼女は「らくにしてちょうだい」となんども主人公に頼んで、彼はためらいながらも義理の姉の首を絞めるシーンがとても辛かった。自分だったら・・・きっとキャンプにも到達せずさっさと野垂れ死してるような気がする。

長く重いテーマの映画だったけど、とてもいい映画だった。夫と久しぶりに見るにふさわしい作品でした。残念なのはお天気がイマイチで、きものを着れなかったこと。

映画の後はいつものお店。

fc2blog_20160302233732701.jpg

ゆでたブロッコリをタルタルて食べたり、

fc2blog_201603022337508cb.jpg

モンドールのオムレツなど頼んだり、夫は最初から赤ワインでリラックスしておりました。
いや〜、いい映画と美味しい料理、ご飯を食べながら映画の話しやトルコの話しで盛り上がったのでありました。

いつも素晴らしいお料理、ありがとうございます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月13日(日)油条とピータンのお粥。
3月15日(火)キチュリ(ベンガル料理)

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

関連記事

コメント

コメントの投稿