亡父の後片付けから見えてくる国家の意図。


この度の父亡き後の後片付けをしていてよ〜くわかったことは、世の中お金持ちはそれなりに経費はかかるけれど、その経費は大銀行、証券会社、生命保険会社の間でお金が回っているっていうこと。

お金や土地など持ってない貧乏人は税金対策もできないけれど、そもそも払う税金がない。問題になるのは、お金はないけど、土地建物がある場合。

これ、去年から相続税の非課税分が引き下げられてこの先大問題になるだろう。家はあるのに相続税が払えなくて、家を売らなきゃいけない。売れたらいいけど住むところがない。売れない場合は住むところもなく、税金も払えないっていう
人が出てくるだろうなぁ。

誰も住んでない田舎の大きな家なんて、相続もできないし、売れないし、税金も払えないってことは具体的に出てきそうだ。なんか財産なんかいっそキッパリないほうがいいんじゃないかという気がする。

とことん税金でむしり取ろうという国家の意図がよくわかる。それなら、稼がない・使わないという生活をやってやろうじゃないの。

だけどねぇ、日本って移動するのにとてもお金がかかるのよね。高速道路は高いし、だいたいガソリンも高い。なんてところに住んでるんだろう?

この世で一番の財テクは健康だ。健康になるためには、食を慎んで、身体を動かし、よく笑って暮らすことでそれにはお金は掛からない。
健康になるためにはお金は掛からないし、健康だったらお金は掛からない。往復でお得だ。

ついでに着物を着たら、着物は今は安いし、絹だし、素敵に見えるし、こんなお金の掛からないハイファッション、素晴らしい工芸品を着ない手はない。

国家は貧乏人からもむしり取って住むところさえ奪おうというつもりだろうが、そうは問屋が卸すものか、上に政策あれば、下に対策アリだ。

お金を使う時には友達に仕事を発注し、同じお金を使うなら大企業より個人商店。助け合ってゆるく温かい関係を結び、健康で毎日笑って楽しく暮らせば、どんな権力も人の幸せを奪うことなんかできない。

fc2blog_20160306235829bc2.jpg

毎日座敷がこうなって、これを片付けないと布団が敷けない。

父の机の中のアレコレと向き合うのは、素の父と出会う感じです。見られたくないものもたくさんあっただろうけれど、母じゃなくて、わたしが片付けてよかったでしょ。

つぅかさぁ〜、もう先が長くないって分かってたなら、引き出しくらい片付けてようよ!
とんだ貧乏くじだよ、まったく。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月13日(日)油条とピータンのお粥。
3月15日(火)キチュリ(ベンガル料理)

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。



関連記事

コメント

コメントの投稿