すれ違いの連れ合いにベンガル料理。

一週間のうち4日くらい実家に行ってると、連れ合いのご飯のお世話ができなくて申し訳ない。

彼はわたしが料理を作らなくても困らない。お好み焼きを食べて帰るということはあっても、コンビニ弁当を買ってくるなんてことはなくて、家にあるもので楽しく料理を作って食べている。「なんか作っておこうか?」と聞いても「面倒だからいらない。」という。食べなくちゃいけないものがあるのは負担なんだそうな。
なーんだ、奥さんいらないじゃないか?って、そんなことはないですよ、奥さんは飯炊き女とは違いますものね。

しかし、ベンガル料理となると話は別かな。教室でキチュリを作ってカレイのバジが美味しかったという話をしたら、「わたしにも下さいな」。はいはい、もちろんお作りいたします。あなたとわたしは入れ違いですが、美味しいところを残しましょう。

なーんて思っていたら生協で骨つきのブツが届いた。
fc2blog_20160318213648c47.jpg

これが全身で「カレーにしてくれ〜!」と呼びかける。え〜い、凍ったまま料理してしまえ!

なんか久しぶりだなぁ〜、早く食べたいなぁ〜。

fc2blog_201603182137085fa.jpg
ああ、なんという芳しい香り、なんという美しい光景!

fc2blog_201603182137321e5.jpg
春キャベツの炒め物と、カレイの下半身。美味しい上半身はもちろん連れ合いに差し出します。

申し訳ないけれど、先にたべさせてもらうよ。そして、わたしの留守にベンガル料理楽しんでね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
4月はどちらのクラスも日程調整中。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


関連記事

コメント

コメントの投稿