あれこれと期日ギリギリ。

父のお金関連の雑用、印鑑証明や謄本類の賞味期限が迫ってきて、後回しにしていたアレコレを慌てて片付けるために走り回る。

谷町に出かけたら、公園はすっかり春。
fc2blog_20160318220455787.jpg

気になっていた大阪での用事を済ませ、梅田で母の靴とわたしの長靴を購入した。母の靴が買えてちょっと安心。だって、なんかボロボロになってるんだもの。気にしないにしてもさぁ、足元見るんだよ、人は。母は美しい人なのですが、身なりの気にしない部分があちこちあって、顔は眉毛が引いてあったらいいとか、服はネックレスが首からぶら下がってたらいいとか、いいかげんなのだ。

母の不思議といえば、仏壇。
お線香はあげるけど、灰の中にお線香の燃え残りがザクザク残っていても気にしない。お水は時々あげるけど、ご飯はあげない。とにかく、気にするところ以外は気にならないらしい。まぁ、そんなもんか。

書類がそろったので、京都の金融機関に提出に行ったら、印鑑証明の賞味期限がギリギリのものがあった。京都は遠いからまた今度にしよう、などと言ってる場合じゃなかったのだ。

用事が済んで、時間があるね、どうする?美術館でも行く?と聞いたら、行きたいという。母が美術館に行きたがるなんてびっくりした。すっかりそんな意欲や興味は失っているのかと思っていた。

fc2blog_20160318220544e83.jpg

志村ふくみさんの作品展、とても評判が良かったので、見れて良かった。これも期日ギリギリだ。
近美の展示なので、いい展示だったけれど、どうもわたしは着物が干物みたいに展示されているのが好きじゃない。着物の美しさのほんの一部しか表現できない。

展示の中に茜染めの紬があった。普通茜は茶味を抑えて赤がよく出るように染めるのだけど、茶色い茜色でわたしが染める茜に似ていた。なんだか「茜を染めなさい」というメッセージを受け取ったような気がする。

志村さんとわたしとは、能力の努力も根性も比べようがないけれど、今の雑用の日々が終わったら、また織り物に向かおう。美しい布を作ろう。

美術館の4階の常設展も良かったし、なにより、近美の4階から見た平安神宮の鳥居にびっくり。

fc2blog_20160318220604063.jpg

美術館のカフェで休憩。
fc2blog_201603182206300b7.jpg

チーズケーキに挑みかかる母であった。下手に四条にも取らずに美術館でお茶にして良かったのでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
4月分、日程調整中です。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


関連記事

コメント

コメントの投稿