久しぶりのプチ断食

なんだかよく分からないけど、最近背腹運動を再開したけれど、食べる方はあいかわらずだった。「今日はお昼食べないでおこう」と思っても普通に食べるし、エネルギーが下がっていると青泥を作る気にもならない。青泥を作るだけでも「今日は調子いいな」と思える。身体というより魂のエネルギーが下がっていると青泥も作れないし、少食や断食なんか無理って感じです。

今日はちょうどご飯がなかったし、恒例のTシャツ展のTシャツを染めようと準備していたのです。

fc2blog_20160413214220987.jpg
今年は去年知り合いから分けてもらったバングラデシュの藍を使う。古いから使えないかも、って言ってたけど使えそうだよ。

パン焼き作業も並行しながらなので、今日のお昼は青泥とお澄まし断食でいいかな〜、という気になった。
青泥を作った後に、お澄まし断食の材料、つまり干し椎茸、昆布を水に入れて出しをとるのだが、出し殻が溜まるのがいやで青泥を作った後のバイタミックスでガーしてしまった。それじゃ断食にならないだろう、というツッコミはなしだ。どうせ青泥も食べるし、晩ご飯は普通に食べる。

今日は寒い日だったけれど、このお澄まし断食は青泥だけとちがって身体が冷えないところがいい。あたたかいものを食べて、身体がホカホカになって、ひもじさがないところは素晴らしい。

Tシャツを絞ったり、板締めしたりして染めるのだが、染めてる間布が染液から出てこないように棒で抑えてるので、暇なんだか、忙しいんだかよくわからない。

藍はいちど建ててしまう次々に染めないといけないので、絞っては染液につけ、浮いてこないように上手に抑えてまた次を絞って、染液に入れ、染め上がったものは絞りを外して出来をみて、枚数が溜まったら脱水して脱水で得られた染液はまた鍋に戻して、大方染めたらまた明日。

シャキシャキとは働いてないけれど、パンも焼いて、お澄ましも作って食べて、5時前には台所を片付けて晩ご飯の支度もできた。

なんかすごく働いたような、もっとシャキシャキできたような気がするけれど、シャキシャキ働いてイライラするよりはいいような気がする。

なんかね、いつまでたっても「早くしなさい!ダラダラしてないの!」という母の声が頭のなかで響くのですが、わたしのいろいろなイライラの原因がこの「頭の中で響く母の叱咤激励」だと気付いて「もう早くするのはやめよう」と思うことにしました。
実際ね、ぼんやりした子供で、ダラダラしてたので反論はできないんだけどさ、「早くしなさい」と言われて早くするような子供だったら苦労はないわけです。

最近読んだ津留晃一さんという人の本で、時間は伸びたり縮んだりする、という話しを読んだのですが、「早くしなさい」が頭のなかで響き渡っていたら時間がどんどん縮んでしまう、というのが今日実感でわかったような気がしました。

織物の仕事も「早くしなさい」から解放されていい仕事ができるような気がしてきました。今はまだ実家の手伝いがあれこれあって、自分の時間が自由にならずに気持ちが焦るけれど、出来ないとおもって開き直れば焦りもなくなるし、焦らなくなれば時間が伸びるようです。

母や父のいろんな言葉が頭のなかでいろんなシーンで響き渡ってわたしを支配しようとするけれど、そんな支配とはもうおさらばするのです。

で、プチ断食ですが、夕方の魔の時間にアボカドにアガベを掛けて食べたけど、目の前のゴマせんべいには手を出しませんでした。

明日も出来たらお昼お澄まし断食(寒天&昆布椎茸入り)にしよう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
火曜日は日程は月末に決まります。台湾の焼きビーフンを予定。
5月29日(日)じゃがいものパンケーキ

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。
関連記事

コメント

コメントの投稿