肌襦袢の改造やら、腰巻作成やら。

世の中にはパリコレに参加できそうな帯を作る人など、才能あふれる人がたくさんいらっしゃるけれど、わたしが作る着物関連のものって、なんだかなぁ〜。

カンボジアのシルク、そのままだったら結局使わないので、良いものは肌に近いところに使うがいい、ということで、腰巻に改造。

長さが十分あるので、衿に使う分だけ切り取って、下半分は筒になったスタイルの腰巻。肌に密着するところはサラシを使う。(衿と裾除けがお揃い?!)

fc2blog_20160427173519de0.jpg

ミシンかよっていうツッコミはなしね。
タイの絹の腰巻を裾除けに改造したものは本当に使い勝手が良くて、頼まれてもいないのにほーれほれほれ、と着物をまくって見せてしまうほど素敵なのですが、このカンボジアの絹は、バナナの灰で精錬してあるもので、ツヤが違う上にあや織になっている。

これがさぁ〜、肌触りが良い上に汗もよく吸うし、おまけに温かい。タンスの中に仕舞いっぱなしにするよりは裾除けにして使おうという気になったのです。布だって使ってもらってなんぼですから、きっと喜んでいることでしょう。

そして、もうひとつ。

肌襦袢ってダッサ〜いのであんまり好きじゃなかったんだけど、これ、衿が汚れなくて具合いいのだ。んで、母のお古のガーゼの二重になった肌襦袢、お袖のレースが洗濯のたびにどんどん縮んできちゃうし、お袖もガーゼ&化繊の二重になっていて真冬仕様なのが気に入らなくて、市販のレース袖を購入して付け替えた。

fc2blog_20160427234332725.jpg

生活感満載だけど、下着類が充実してると着物を着る楽しみが増すというものです。
たかはしこもの工房さんで付け衿を衝動買いしてあるから、衿&肌襦袢という簡易な着方もできるというものいいかも。

着物関連のお裁縫って、袖口に汚れ防止レースをつけたり、肌襦袢や半襦袢の改造だったり、こんなことばっかりだわ。みなさん、どうなさっているのかしら?

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月24日(火)台湾の焼きビーフンを予定。
5月29日(日)じゃがいものパンケーキ

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。
関連記事

コメント

質は大事。

いつも贅沢&快適そうな着物下着話ですねー。
私は裾よけが苦手でユニクロのステテコ派なんですが、もしかして良い生地の裾よけを着けたことがないからかもしれない、と思いました。

Re: 質は大事。

> たこさん、
腰巻派と、ズボン派の違いは太ももが直に触れるか、間に布があるかの違いだと思うのですが、売ってる裾除けってほんと気分あがらないですよねえ。
ちりめんの反物を安くで買って、それを染めたもので裾除けとか、ふんどし、湯文字を作ろうと思って染めるところまでしたんだけど、そのままになってるのがあるのを思い出しました。
たこさんに一枚お作りしましょう。茜で染めた薄いピンクなの。

わたしはもう裾除けはええから、ふんどし?

おおお!

おおお!
棚からボタモチ!!
とっても嬉しいっす。

コメントの投稿