ブータンでホームパーティー。

旅行の楽しみはなんといってもその土地の食べ物。しかし、ブータンというところ、唐辛子を野菜としてバクバク食べる特殊な土地柄、外国人が旅行に来たって食べる物ないよ、どーしよう・・・というのもあの高い公定レートの理由の一つ。

さて、そのブータン料理、到着初日にガイドさんのご自宅でホームパーティーに招かれました。ブータンは中国とインドに挟まれたチベット文化の国なので、中国とインドとチベットの食文化と、ブータン独自の食文化が混じっているようです。ブータンと一言でいっても地域によって言葉も習慣も家族関係も違うので、正確にはこのお宅の食文化というか、外国人が知っている普通のブータン料理という感じなんだと思います。
ほんとうは松茸料理の予定だったのですが、松茸が取れなかったとかで、ブータン料理となったのです。

盛りだくさんでした。

fc2blog_201607112345408b2.jpg

手前に見えるのがチベット風のチョウメン、焼きそば。ブロッコリと炒めに野生のアスパラガス炒め。野生のアスパラガスは日本では高級食材ですが、ここでは小松菜のように使われます。ちょうど季節なんでしょうか?

fc2blog_201607112346090cd.jpg
牛肉と大根と唐辛子の山椒風味煮物。醤油味だったと思います。これとよく似た料理の豚肉バージョンもどこかで食べました。

fc2blog_20160711234647417.jpg

野草のチーズ煮。このチーズ煮は唐辛子のチーズ煮やキノコ、などいろいろなバリエーションがありブータン料理の代表的なものです。

fc2blog_201607112347143a3.jpg

じゃがいものチーズ煮、唐辛子のチーズ煮などの他に、パニールマサラやダールなどのインド料理と一緒にキャベツの醤油炒めや八宝菜のようなミックス野菜炒めなど中華風のお料理も並びます。

唐辛子を偏愛する地域は少なくありませんが、ブータンのように唐辛子を野菜として食べるところはそう多くなく、またブータンの唐辛子は万願寺唐辛子が辛いという感じで、味、香りとも素晴らしく、辛さもそれほどヘビーではなく、野菜として愛されているのがよく分かる唐辛子だったのです。

もっといろんな唐辛子を使い分けるのか?と思っていたけれど、市場などをみてみてもインド産の見慣れた唐辛子とブータンの大きな唐辛子以外にあれこれ売っているわけではなく、またロードサイドのマーケットなどをみていても唐辛子がメインで、あとはナスやトマト、きゅうりなど「こんなんもあるけどね。」という感じでサブ的に売られているだけなのでした。

さて、旅行者のブータンご飯ですが、ホテルや食堂でブッフェ形式になっていて、半分くらいインド料理だったり、化学調味料たっぷりの中華風料理だったりで、「外国人何食べるか分からへんから適当に出しとけ」という料理が少なくなく、ある時などガイドさんが食べてる料理を見て、厨房までブータン人ご飯をもらいに行ったことがありました。

いや、これはおいしかったよ。ブータンに行って化学調味料が苦手な人はご飯やおかゆがあるので、何かおかずを持参するといいかと思います。

しかしなぁ、唐辛子をチーズで煮るって、どういう発想だろう?と思う。ちなみに、じゃがいものチーズ煮はよくある料理で、味は・・・肉なしのクリームシチューにちょっと唐辛子が入っているという感じです。

山の料理なのですが、特殊な方向に洗練されているブータン料理なのでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
7月17日(日)スイカかトマト(調整中)
7月19日(火)ベンガル料理のチキンカリー


火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。
関連記事

コメント

コメントの投稿