ホテルの売店のお姉さんにラックをいただく。

空港のある町、タクツァンゴンパのある町パロには2泊しました。

ホテルの食堂の下の廊下に小さな売店があって、土産物が売ってます。このホテルでは部屋ではWiFiできないので、食事が終わってからスマホを持ってまたレセプション棟に戻ってきたら、ツアーのみなさんがお土産物屋さんに集まってワイワイやってます。

「このお店の人すごい親切で、いろいろ教えてくれるんですよ〜」と言いながらお土産を選んでます。ホテルの土産物屋の売店の姉さんが親切なんてことは普通ありえないのですが、織物の話しをしてたら、彼女は北部の出身でウールの織物を織るとかで、あれこれ見せてもらいました。(もうお金ないし、荷物もパンパンで買えない。一枚くらい買えばよかった・・・)

染料の話しになって・・・彼女が「うちにあるのを差し上げるわ。明日もお泊まりなんでしょ?」と信じられないような提案をしてくださる。

話しがよく通じてなくて、ラックの話しなのか、茜の話しなのかよくわからないけど、なんか染料をいただける。よく分からないけど嬉しい。

さて、ゴンパトレッキング、農家見学、市場で買い物という超ハードな1日を終えて、ホテルの夕食はなぜかインド料理ばっかり。「なんでインド料理ばっかりやねん」とボーイさんに文句を言うと、「インド人のお客さんが多いから」だと。「あんなぁ、日本人はどうなるねん!」と一応毒づいてみるが、日本人の文句より、インド人からに厳しい文句のほうがややこしいに違いない。

しかし、並んでたインド料理、ダール以外美味しいものはなーんもなかった。インド人たちもテーブルでスナック菓子を回して食べている始末だ。

食事が終わって、お土産やさん。
やっぱりラックを下さった。今ではもうラックは作ってないとか。染め方わかる?と聞くので、一応教えて、と言うと、仕事が終わったら部屋まで行くわ、とわざわざ来てくださった。

お礼に自分で織ったリネンの手ぬぐいを差し上げ、ついでに荷物になるけど着そうにはないブータンスカートやら何やら差し上げる。

ラックというのは、ラックカイガラムシの巣で、染料になる色素とラッカーの元である樹脂部分からなる不思議な虫の作るものです。カイガラムシは南米のコチニールも染料に使いますが、これは虫そのものが染料になります。その点ラックは虫の家を使うし、染料よりも樹脂のほうが利用価値が高かったようで、バングラデシュでは樹脂ばかり使われていて染料部分は捨てられていたという話しを聞いたことがある。

ラックの染料成分だけだったら使うのは簡単なのですが、このう◯こみたいな、これ、どないするねん?煮出したら樹脂が溶けてエライことになりそうな・・・と手が出なかったのでした。

fc2blog_2016072321443511e.jpg
以前ある方から分けていただいたタイだかカンボジアのラック。どーするねん?と長年放置していた。

売店のお姉さんに「そのまま煮て、布で漉すのよ」と教えてもらってやっとラックを染める気になったのでした。

家に戻って一週間くらいして、宿題を思い出す。

fc2blog_201607232144565c5.jpg

何度か煮出す。濃い染液が取れる。まだ色が出そう。

fc2blog_20160723214514899.jpg

これはブータンのラックじゃなくて、前にいただいていたラックですが、やっと染めることができました。コチニールとも違う赤。やっぱりどこかアジアぽいというか、旧大陸の色だなぁ。

今回の旅行、ブータンの文化や風景はもちろんですが、それ以上に人との出会いが何よりの収穫でした。この売店のお姉さんとはFacebookでお友達になって、帰国後も連絡が続いているのです。なんか不思議〜。

ブータンでウールを織っている北部地域もいつか行ってみたいなぁ〜。きっと行ける!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
8月の教室は日程調整中

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。
関連記事

コメント

コメントの投稿