今更遅いが相続の本で勉強する

生協のカタログに紹介されていて、図書館で借りて読んだ。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

こんな「相続税対策」は、やってはいけない! [ 深井豊 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/8/4時点)



え〜っと、相続税対策ってのはまだ生きているうちにするもんで、いつまで生きるかわからないし、死にそうな人に「あんた、もうすぐ死ぬんやから対策してや」とは、いくらデリカシーの足りないわたしでさえ口が裂けても言えませんでした。遺言残せとは言ったけど、結局メモ書きさえ残さず「家もなーんも全部売ってみんなで分けろ」と・・・売るって、お母さんどこに住むねん?現実味のないことを言ってたので、実際は何も言ってないのと同じだった。

で、遅いけどサァ、読んでみました。

贈与と相続の違いとか、生命保険のこととか、タワーマンション節税のことなどいろいろ書いてあるけれど、お金を持っている人のための対策で、家や田畠・山はあるけれどお金はない、という人にはあんまり参考にならないかなぁ〜。

去年から相続税の免税範囲が大幅に減らされて、便利なところにちょっとした自宅を持っていたら相続税が掛かってしまう世の中なので、家はあるけどお金はあんまりない人は読んでおいたほうがいい。

生命保険っていうのは「わたしが死んでもこのお金で当面の生活はなんとかしなさい」というお金だと思っていたけれど、わたしが父の相続実務をあれこれやっていても感じたし、この本にもはっきり書いてあるけれど、生命保険(500万円まで非課税)って相続税を払うためのお金なんだ、ということ。ということは、家があって多少の蓄えのある人は

相続人の数X500万円

の生命保険を掛けておいたほうがいいというわけだ。

この本を読んでいて、最初のうちは書いてあることがよくわからなくて頭が痛いのですが、だんだん慣れてきて読めるようになったらなんだか自分も20億くらいの財産を持っていてあれこれ相続対策を思い巡らすような気分になってきたのでした。

金持ちの気分ってこれか。

fc2blog_201608042322235b5.jpg

つくづく思うけど・・・
お金持ってあの世にいけないからね、お金も必要な分だけあればいいんだ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
8月29日(月)ナス料理
日曜クラスはお休み

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。
関連記事

コメント

コメントの投稿