初盆の法要など。

いや〜、もう親父さまが亡くなってから半年以上が過ぎたんだ。お盆ったって、ウチの父は三男だったし、おばあちゃんはいてたけど、おばあちゃんのお位牌やらは長男家に行ってしまって我が家で盆行事などしたことがない。

母は買わなきゃいいのに「お父さんのいるところだ。」と仏壇なんぞ買ってしまうから家で法要をしなくちゃいけない。どうしてあの人は体裁ばかり気にするのか?体裁を気にする割りになーんにもしない。おまけに「初盆なんて、何したらいいかわからへん。経験ないし〜」と寝ぼけたことを言っている。
そういえば、仏壇買って開眼法要した時も黒服に着替えるのさえ嫌がったし、御供えのご飯やおかずも作らない。仏壇の格好さえ整っていればいいけどお参りはしませんよ、そんなこと知りません、というところがいかにも母らしい。

手をかけることはしないけど、お金で解決するのは大好きな母、仏具店やらデパートからお菓子だの、マコモの敷物だの馬だの御供え用の野菜セットだの、いろいろ買ってきて母なりの準備をしている。もちろん、お膳の用意などはする気配なし。

仕方ないので、料理はわたしが作ったよ。

fc2blog_20160810213955dbc.jpg

仏さん用のお膳セットを買わなかったので、お盆に小鉢を並べて、あれこれ盛り付ける。

お寺のお住職は予定どおり、予定時間を大幅に遅れてやってきて、お経を上げてくださった。
なんだか霊魂がお盆だからと家に帰ってくるってのは不思議な感じで、父と一緒におばあちゃんんも帰ってきたんだろうか?などと思うと、うちの仏壇におばあちゃんの位牌も置いてあげたい気になった。

ちょうどおばあちゃんの株の端数を整理するので、そのお金でお位牌作ろう。きっとおばあちゃんもそれを望んでるだろう。

お盆だからってことはないけど、「おばあちゃん、おかえり。久しぶりね!」という気分になった。おばあちゃんが亡くなったのは結婚した年だから、23年も前になる。

うちでお盆の法要をしたので、やっとおばあちゃんも家に帰ってきて喜んでいるような気がした。

法要の翌日もお昼ご飯のついでに御供えのお料理を並べた。仏さんが食べるとは思わないけど、これはきっと生きている人の気持ちの問題なんだろう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
8月29日(月)ナス料理
日曜クラスはお休み

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。
関連記事

コメント

コメントの投稿