町内会の盆踊りからまた相続のことを考える。

今年は町会の当番に当たっているので何かと面倒。子供もいないので町内会の行事などに参加したことはないけれど、当番なので盆踊りのビール注ぎ係で参加してみた。

fc2blog_20160813211523591.jpg

始まる前から練習だの試飲だので早速飲んでるお父さん。みんな勝手に飲んでいて、なんかいい感じだ。

子供会のブースがあって子供が好きそうなものが売っていたり、盆踊りのあとは抽選会があったりして、ご飯も落ち着いて食べられるように桟敷席が設けてあったり、家族で楽しめる工夫がされていてびっくりした。

この辺りも開発されて30年近く経つので高齢化が著しいけれど、第二世代だけでなく若いカップルが入居しているようで盆踊りの参加者もここ数年増えていると町会の役員をされている方がおっしゃってました。

実家に行くとバスに乗ったら歩くのもおぼつかないようなお年寄りばっかりで高齢化が目に見えるとはこのことだ!と本当に驚いたものでしたが、郊外の住宅地というのは大阪も広島も構造的な問題は違いないわけですが、ここの町内会のように世代交代がうまくいってるところは広島でも成功例なのではないか、と思う。

世代交代がうまくいってる、ということは、古い住宅の転売が可能だ、ということで、これは売却や相続を考える時に売れる物件であること、というのはとても重要なことだなぁ、そう考えると町内会の運営ってものすごいリスクヘッジになるわけだ、と思い至ったのでありました。

家って買う時はものすご〜く高いお買い物で、本当に払えるんか?と思うくらいの借金をして何年もローンを払っていくのですが、これから人口は減っていくので家の資産価値ってのは減ることはあっても増えることってもうないのですが、買ってしまった住宅も、相続で引き受けなければならない親の家も利益は出なくても貸したり売ったりできるだけでもラッキーなんだろうな、と思うのでした。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

週刊 ダイヤモンド 2016年 8/20号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2016/8/13時点)



経済雑誌でも特集されてるんだね、親の家のことを心配していたけれど、自分の家もこれ、どうなるねn?と心配になってきたのでした。

家を買ったらコミュニティーにも貢献して資産価値を下げないように活動し続けないとダメっていうのはこのことなんだな、と今になってわかりました。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
8月29日(月)ナス料理
日曜クラスはお休み

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。
関連記事

コメント

家を買うことはインフレヘッジにもなりますね。ハイパーインフレだと特に。

以前ぺんぎんさんがおっしゃっていた
お金を稼ぐより使い方の方が大事だというお話がとても気になります。
その人の品性現れますよね。

Re: タイトルなし

>あらいぐまさん
お返事遅くなってごめんなさい。
そうそう、お金のある人は家を相続してもお金で税金が払えるのでインフレヘッジに家を持つのは良いですよね。
でも売買を考えたら、家よりもindexファンドみたいなもののほうがヘッジとしては使いやすいかも。特に日本のように原発リスクを抱えるところで土地への投機はリスク多すぎです。
伊方動かしちゃって、西日本から近畿圏まであっちゃ〜です。

ハイパーインフレのときの相続税ってどうなるんでしょうね?家は路線価だから、ハイパーな税金になるんでしょうか?考えたら恐ろしい。

コメントの投稿