不思議な映画「光の墓」

不思議な映画を見た。

fc2blog_20160813223209f2a.jpg

眠り病に掛かった兵士専門の病院(もと小学校で治療といっても不思議な光治療をしてるだけで患者さんを寝かしているだけのところ)
窓が開いていて、天井で扇風機が回っていて、出演者は小鳥が囁くようなタイ語でセリフをしゃべる。

死んだ人の魂と交流できるという女性は警察のスパイで、FBIのスパイで、マルチ商法みたいな化粧品の販売員もやっている。そして、この女性はなぜか掘った穴に入ってパンツを下ろしてしゃがんでいる。

主人公は、インターネットで知り合ったアメリカ人元兵士と結婚して、編み物で小さな作品を作ってそれを売って生計を立てている。そして、身寄りのない眠り病兵士の世話のボランティアをしている。

病院(学校)の校庭をユンボがせっせと穴を掘っているけれど、なんのために掘ってるのかわからない。王宮の発掘とは関係ないみたいだ。

眠り病の兵士は時々起きるらしくて、起きている時は普通なんだけど、またいつ寝落ちするかわからない。

そんなストーリーを追いかけているうちに、夢だか現実だかわからなくなってきて、観客のわたしも眠気と戦ううちに寝てしまってストーリーさえもだんだんとわからなくなる。

この映画を見てからなんだか眠くて仕方がない。暑いからかどうかわからないけれど、とにかく眠いのです。
なんか良い映画だったような気がします。




ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
8月29日(月)ナス料理
日曜クラスはお休み

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。
関連記事

コメント

コメントの投稿