中健次郎先生気功合宿@高野山 その4 最後は盆踊り。

股関節を緩めて、足に気を通して、身体の力を抜いて、動くときは腎臓から。

身体に力が入っていたら相手と対決してしまう。対決しないで、一度受け入れてから優しく押し返すと相手は簡単に倒れてしまう。受け入れることで相手と気で繋がって、相手は自分の意のままに動く。

どうやら、これが今回の合宿での極意のようです。

相手と気で繋がる、対決しない。もう二元の世界は終わりだ。そのためにはまず自分が力を抜いて、心もほぐして、受け入れる。身体もふにゃふにゃ、心もふにゃふにゃ。お父さんはタコ、お母さんはイカ。

そうなったら家庭の中の問題も、会社の人との軋轢もなんでもなくなる。

え〜、これって気功なんですか?

どうも、中先生は型などを教えても覚えてもらえなくてなかなか日常生活で実践してもらえないし、練習もしてもらえない。だから、日常生活でそのまま使えることとして、二泊三日かけて組手の練習みたいなことばっかりして、コミュニケーションの極意を気功を通じて教えてくださったようだ。

対立しないで、まず自分が受け入れたら・・・相手は自分の意のままになってしまう。組手だけじゃなくて、メンタルでもそうなるんだよ、ということを組手の練習で教えてくださった。

しかし、そうはいっても、やっぱり型みたいなことはしなくちゃね、と、胡蝶の舞というのを教えてくださった。

手の動きが河内音頭か?なんか違うが河内音頭になる。

それに足がついたらもうあかん。腎から動かすとか、股関節緩めるとか、命門を膨らますとか、もうあかん。
「動画撮らしてもらっていいですか?」と聞いてしまった。

「普通は動画お断りしてるんですが、いいですよ」

先生もみんなのカオスっぷりの呆れたらしく、動画許可が出た。

胡蝶の舞、どうやっても来年の盆踊りの練習になってしまう。まだまだ地味に基本練習に加えてDVD見ながらお稽古だ。

ビギナーなんだから型よりは基本だ!と開き直って気功らしい踊りはまたそのうちだ。

fc2blog_20160927004338360.jpg

高野山の精進料理のお膳を前に中先生と談笑する母。
母さんも楽しかったらしい。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
9月28日(水)魚のベンガル料理
10月16日(日)中国料理

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。
関連記事

コメント

コメントの投稿