布を織っていると、着物の布がどれほど他の布と違うかよくわかる。

よこ糸をどうしようか、考えながら寝ていたら、違う織物のアイディアが浮かんできて、織物の設計を始めそうになってしまい・・・

「いや、いかん。こんなことではいかん。今。今だ。今しかない。今やってることに集中しよう」

と、えいや!と糸を選んで、分量を何度も計算し、織り始めた。

fc2blog_20161026204616fc6.jpg

そうだった、毛織物は縮めるのを前提に織るので、スカスカだから柄がよく見えない。織っていてもあってるかどうか良くわからないのでした。

自分で着物を着るようになって、どうして日本の織物だけ織ってた人がウールを織るといい布にならないのか理由がわかりました。日本の織物は縮絨なんてことは考えてないから糸の密度が違うわけです。まぁ、私が作っている服地で着物を縫ったら、縫い目が引けてくるのは目に見えていて、着物の布と、洋服の布はまったく違うものだとわかるのです。

どっちが優れているとかと言う問題ではなくて、違う。なんだか36センチほどの布にどれだけの技術が込められているかと思うと本当に着物が大事に思えるし、着物は着物として着てこそ染織技術が活きると思うのです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
11月27日(日)魚のベンガル料理かな?
平日は日程調整中。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。
関連記事

コメント

コメントの投稿