ごぼうと人参のポタージュ。

わたしの料理の特徴は、「化学調味料は嫌い!」というところだと思う。

「料理教室をやっている」というと、「何料理ですか?ベンガル料理?」と聞かれます。
ベジとか、なんとか、そんな特徴があれば、説明も簡単なのですが、別にベジタリアンじゃないし、趣味であれこれ齧りはするけど、特別な食事法をやっているわけじゃない。
ベンガル料理も作るし、教室でもやるけれど、ベンガル料理ばっかり習っても生徒さんだって困るだろう。

で、「化学調味料の入ったものを使わずに世界中の家庭料理を作ります」と答えると、たいていの人は「は?」となる。

ほとんどの人は化学調味料がなんで嫌なのかよくわからないのです。説明はめんどくさいので、興味のある人はご自分で調べて欲しいのですが、嫌なものは嫌なのよ。

化学調味料抜きの食生活となると、自然食系の割高な調味料や惣菜を買うか、自分で作るしかない。幸いなことに、塩、醤油、などの基本調味料は割高と言ってもそれほど高いわけではないし、使う量だって知れている。

多くの人は、ここで化学調味料不使用のだしの素やスープの素を使うのかも知れませんが、そんな割高なことはしない。そうでなくてもスパイス類で台所が混乱しているのに、混合調味料のためのスペースなどない。

んじゃ、スープなんか作るの面倒じゃない?ストックから作るの?と思われるが、もちろんそんな面倒なことはしません。

ある日のお昼。休みが続いてパンが残っていたので、その消費のためにサラダとパンのお昼ご飯。寒いのでスープも一緒に作りました。

fc2blog_201701092153195af.jpg

お煮しめに使い損ねたごぼうに人参を加えてポタージュ。
ミルクもクリームも豆乳も豆腐もないので、野菜と水だけ。

使う材料は、玉ねぎ、ニンニク、ごぼうと人参。そして水。

油で炒めて煮るだけ。味付けは塩胡椒。特別なものは何も使っていない。
調理時間は野菜を洗って刻むところから多分20分くらい。
もちろん、家にミルクやクリームがあれば入れればいいけれど、なくても別に問題はない。
むしろ、たんぱく質を入れない方が温める時にグラグラにしてもテクスチャーが変わらないからわたしのようなズボラな人間には丁度いい。

え〜?!そんなスープ美味しいんですか?と思われるかも知れません。
もちろん化学調味料が入ってないので、神経に直接ガツンとくる刺激はありませんが、細胞に染み渡るような美味しさは感じられると思います。

教室の生徒さんは「この鍋からダシが出る」というけれど、ダシが出るステンレスの鍋を開発したらきっと大金持ちになれるだろう。
そんなことより、出しの出る料理が作れるようになるちょっとした心がけがあるのです。

家にある野菜と水と油や塩など当たり前の調味料だけで滋味溢れるポタージュが作れたら、人生がどれだけ豊かになるかわかりません。

とまぁ、こんなことをいろんな料理を作りながらお伝えしている料理教室をやってます。

今月は、手打ち麺続きでラザニア。
ミートソースじゃなくて豆のソースでベジなラザニアに根菜のポタージュを作ります。

化学調味料も特別な調味料も使わない、材料や調味料の種類もたくさん使わない、手間暇も掛からないシンプルな料理はスッキリと美味しいのです。

なんであれこれ入れるんかなぁ?経済が回るからですかねえ?

自宅開催なので、冷やかしお断りのため入会金を頂いておりますが、単発参加も可能です。
詳細はお尋ねください。

今月の予定はこちら↓
ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
1月19日(木)ラザニア
1月29日(日)ラザニア


平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

関連記事

コメント

コメントの投稿