歳をとるのは楽しい。

先日、連れ合いと誕生日のお祝いをした。

ちょうど行きつけのレストランのグランシェフとソムリエの方が退社なさるので、慌てて予約をいれたらお席があったのが誕生日当日だった。
週の真ん中に重たいご飯で連れ合いには申し訳なかったけれど、この日しか空いてないなら仕方がない。

fc2blog_20170113144725f7d.jpg

シェフとソムリエ氏に敬意を表して、ひとつ紋の紬の訪問着。
これは母から譲られたものです。裏地がアクでモヤモヤになっていたので、洗い張り&マイサイズに仕立て直ししたもの。訪問着とはいえ、紬なのであまり緊張感なく着れました。水色の着物に紫の帯を合わせてみた。

fc2blog_201701131439205f4.jpg

右側から撮ってるのでせっかくの模様が見えず、色無地みたいだ。ついでに裾模様を「あれ、これ汚れてるの?」と連れ合いに言われる始末。松葉の絵が描いてあるんだってば!松は波動が高いんだから!

シェフのお料理は渾身のお料理で、黄金のクリスタルクリアーなコンソメをスープとして出すわけでなく、すべての料理の基礎をタンブーラ(インド音楽の弦楽器で低音の一音をリズムに合わせて響かせる楽器)の調べのようにお料理の全体を支えている。

fc2blog_2017011314470522d.jpg

ああ、このパセリのソースは小川さんの料理だ。このふぐの火の通り加減は小川さんの料理だ。日本酒と酒粕で作ったソースは小川さんでないとこんな完成度にならない。

小川さんの料理と出会ったことで、わたしの食べる経験、食生活、食べることに限らず、すべての「素晴らしい仕事」への向かい方についてとてもたくさん教えてもらったし、ただの庶民のわたしが極上の料理に親しむ経験をさせてもらった。

小川さんとそのお料理と出会っていなかったら、わたしは「情報」で料理を楽しみ「情報」で評価して、自分の感覚で感じること、楽しむことができなかっただろう。

本当に感謝の言葉がありませんし、小川さんに出会えて良かったといつも思うのです。

fc2blog_20170113144744619.jpg

小川シェフの今後のご活躍をお祈りして、大野の山を降りたのでした。

ああ、忘れがたい夜でした。
ソムリエ氏にも益々のご活躍お祈りするのでありました。

歳をとることを嫌う人が特に女性には多いけど、わたしは若いころより今の方が断然楽しいし、モテ状況も若いころと比べ物にならないくらいにモテまくっている。

女性も40過ぎてから人間性に厚みが出て(腹回りも厚みを増し)、益々円熟して豊かになるのです。
あ、腹回りだけじゃなくて、魂もね。
(腹回りは年末の断食で多少効果が出てるし、週一断食も鋭意継続中〜。帯が回る腹回りを目指しますよ!)
どんどん豊かになって、人生が楽しいのです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
1月19日(木)ラザニア
1月29日(日)ラザニア


平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

関連記事

コメント

コメントの投稿