チョッキ自慢。

「染めのおっちゃん」は大変有名な染色家の先生で、一流の芸術家であらせられるだけでなく、布をめぐる社会との問題から、脱原発、下鴨神社のマンション建設など、まさに「グローカル」な問題とも向き合いながら制作しておられる工芸家。

わたしなぞ、すぐに自分のミクロなコスモスに深く入り込んでしまって、糸車を踏みながら心の奥へ奥へと思考が入り込んでしまって、マクロな問題も思考のブラックホールへと吸い込まれてしまうので、尊敬してやまない大先生なのです。

その染めのおっちゃんがチョッキの全体を見せて〜と言ってきたので、嬉しくなってモデル着用状態(一度着たらもう脱げない)でバチバチ写真をとって、フェイスブックで自慢した。

fc2blog_20170202221622d27.jpg

ポケットは玉ねぎの鉄媒染でコリデールの梳毛。身頃はシェットランドとポロワスの混紡。どちらも手紡ぎ手織り。
脇のところはこのように布を足している。
fc2blog_20170202221641ef5.jpg

そして、裏。
fc2blog_20170202221701455.jpg

見返しも玉ねぎ染めのウールのホームスパンなんだけど、綿をかぶせてあるので見えない。
綿はタイシルクにフェルティングニードルで貼り付けてある。

それにしても、真綿って驚く軽さ。ダウンより温いんじゃないかしら?真綿が身体にくっつくので、服の中で体が泳がないからとても楽。

いや〜、これは人をダメにするチョッキだ。
真綿の部分は水洗いできないので、しつけ糸で縫いつけてある。
シーズンが終わったら真綿部分は外してお手入れだ。

こんなに素敵なチョッキができるんだったら、ダッフルボタン、水牛の角をネットで取り寄せればよかった。

fc2blog_201701302142546a8.jpg
近所の手芸屋さんで買ったプラスティック。皮は家にあった本革。

また気が向いたら作り直そう。

ホームスパンで真綿入りのチョッキ、ご注文があれば作りますよ〜。お値段は高いです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
2月21日(火)豆のカレー、ポロタ。
2月19日(日)豆のカレー、ポロタ。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

関連記事

コメント

「人生フルーツ」

ぺんぎんさん、こんにちは。
1週間ほど更新がありあせんが、お元気でしょうか?
暖かそうなチョッキですね。
強烈な寒波の中、猛烈に羨ましいです。(^^ゞ

既にご覧になったかも知れませんが、
ちょっと話題の映画を観ました。
素晴らしかったので、本も買いました。

何でも手作りで、ぺんぎんさんの先達のような暮らしのご夫婦。
妻の英子さんに、何十年後かのぺんぎんさんの姿が重なります。
80代半ばで、毎日機織り(恐らく、現在も)。
織るのは毛糸で、体の負担にならないよう1日2時間ずつ。

紬織を学ばれた娘さんの影響で、
かつては糸紡ぎや染色もされたみたいです。
素敵な人は機を織る、と思わず呟いてしまいました。

ちなみに夫の修一さんは小出先生を彷彿させます。
一本筋が通っていて、仙人のような処など……。
もう一度観たいドキュメンタリーでした。

Re: 「人生フルーツ」

> Lushunさん、
ちょっと冬の修行にいっておりました。
人生フルーツ、広島に帰ったら見に行きますよ〜。

真綿入りのチョッキは本当に暖かいです。母が珍しく褒めてくれました。

タイプミスです。

ぺんぎんさん、修行帰りのお忙しい時に返信ありがとうございました。
お元気そうで良かったです。

前のコメント、可笑しな日本語になっていますが、
打ち間違えたようです。
済みません、わざとじゃありませんので……。(;^_^A
では、また修行の記事も楽しみにしています。

Re: タイプミスです。

> Lushunさん、
あれれ、そんなミスタイプありましたっけ?
間違い探しはできないタイプなのでよくわかりません〜。
細かいこと気にしないでくださいね!

コメントの投稿