「世間並み」という幻想。

「東京タラレバ娘」という漫画を半年ほど待って図書館で借りて読んだら気分悪くなった。
連れ合いは最初の方こそ笑って読んでたけど、話がだんだん見えてきて「あんまり〜」ったって、あなたのリクエストでかりてきたのに。どちらかというと、わたしより連れ合いの方が面白がっていたけど、それはきっと彼が男性だから。
これ、ドラマになってるのね〜〜と思ってたら、こんな記事読んだ。

日本の女性はなぜ「東京タラレバ娘」と「逃げ恥」が好きなのか

「逃げ恥」については全く知らないけれど、タラレバは第1巻をパラパラ読んだのでなんとなくわかる。この記事では、キャラクターの置かれた立場や考え方に共感する女性が多いのが人気だが、とても日本的な現象だ、とイギリスと比較して書かれている。

そして、主人公たちは「あるべき姿」に囚われている、と。

もっと平たく言えば「世間並み」みたいなもんだろうか?「あるべき姿」と表現すると、「まだ理想はあるんだけどさ、多分無理だけど一応体面保ってるかな?」くらいの余裕がある感じ。しかし、どっちにしろ先はない。

だって、「世間並み」も「あるべき姿」も、そんなものはどこにも存在しない。そんな存在しない、幽霊みたいな、ツチノコみたいな基準をみんなで当てはめあって、自分を押し込んで、一生懸命外見を磨いてお金をかけて何になるんだろう?

文章の中で、「彼女たちはバッグを床に置かないし、ボサボサの髪で電車に乗らない」と書いてるから私は完全に規格外。

しか〜し、規格外だから言わせてもらおう。世間並み、「〇〇らしい振る舞い」を続けて老人になった人たちがどんなふうになってるか?

老人になるまでタフな体を持っている人はいいのかもしれないけれど、精神はかなり疲弊している。何故ならば、実のところ仲間内以外誰も気にしていない「世間並み」を長年演じている間に肝心の自分自身がどこかに消えてしまうのだ。世間並みもあるべき姿の自分なんてものはこの世に存在しないのに、存在しないあるべき姿の自分のために全てが形骸化してしまう。形骸化したまま人生が終わるなら、一体なんのためのに生まれてきたのかわからないじゃないか?

タラレバ娘の40手前のお姉さんたちも、あと20年経ってあの調子だと想像してごらん?ぞっとしない?ドラマになるんだろうか?
いや、それより恐ろしいのは、このタラレバなお姉さんたちがうまい具合に「オトコ」をゲットして「コドモ」を産んだら、その子供も「シガク」とか、「エイサイキョウイク」などの記号として扱われ、養育されるんじゃなかろうか?

なんか、最近タイムラインを賑わせてくれる大阪の学校法人も「〇〇家の長男の'あるべき姿にふさわしい’学校」として選ばれるから存在するような気がしてきた。

世間並みもあるべき姿もない。
あなたもわたしも、そのまま、存在自体が、ただあるだけで、それだけでもう完全に美しいし、非の打ち所などなく素晴らしいものなのです。

今日の晩ご飯は子イカと芽キャベツのパスタ。
fc2blog_20170228225055299.jpg
イカが「もっとハイレベルなシーフードにふさわしい」振る舞いをしてエビになったら気持ち悪いじゃないですか!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
3月2日(木)味噌作り
日曜コースは3月はお休みです。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。
関連記事

コメント

それは、あなたが女で働かなくてもよい環境にあるから余裕があって言えるのだと思います。
男で稼ぐ力がなくて年をとると悲惨ですよ。

Re: タイトルなし

> みどりさん

ご訪問&コメントありがとう存じます。
私は確かに女性ですが、働いております。
余裕はありますが、それは「世間並み」を気にしないからで、「世間並み」にしていると今の余裕はきっとないと思います。

男性で稼ぐ力がなくて年をとると世間並みが気になって、世間並みを取り繕うために悲惨になるんですか?

一般的に経済力のない男性で年をとると、
結婚が遠ざかります。今時結婚しなくてもおかしいわけではありませんが、選ぶ選択肢がなくなるんです。
あなたは働いているとしても、
自立しているわけではないし(その必要もないですし)インフラを夫に整えてもらい、自分の好きな仕事をするというのは、女性ならではの幸せな生き方なのだと思います。
男性にとってその生き方はかなり例外なんですよ。

Re: タイトルなし

>みどりさん

みどりさんは経済力がない男性で、経済力がないことが原因で結婚から遠ざかっているのだと思っておられるのですね。
選ぶ選択肢というのは、配偶者になる女性を選ぶということなんでしょうか?

別にあなたが選ばなくても、選ばれる男性であれば良いんじゃないですか?

稼ぐ母ちゃん、稼がないけど使わないカップル、稼がない・使わない&やたら友達が多いカップル、等々、面白い人が多く個人的な友人は世間の枠にはまらない人が多いです。

ところで、一般的に経済力のない男性というのは具体的に年収いくら以下のことを指しているんですか?

女性の全てが男性スペックを年収で考えるわけではなく、最終的には人間的な魅力だと思います。

多分、「年収が低いから女性から選ばれない」と思う方が、
「魅力がないから女性から選ばれない」と思うよりダメージが少ないのかもしれませんね。

多分、わたしはみどりさんの基準からは「かなり例外」なのだと思います。
でも、見ず知らずのわたしの個人的なことなどどうでもいいんじゃないですか?

人の魅力というのは男性でも女性でも、人としての魅力で、それは思いやりだったり、一緒にいて楽しい、くつろぐ、緊張しない、などの感覚を与えてくれる人で、一歩間違えると「いい人」になる危険はありますが、そこにダメ、抜けてる、またはデキる部分などがスパイスになって人としての魅力を醸すのではないでしょうか?

わたしが思うに、スペックで自分や他人を判断しようとすると、魅力の部分はどんどん欠けていくように思います。魅力的な人たちは皆「世間並み」の枠から外れている人たちで、その中には年金もない人がたくさんいますが、枠にとらわれずに生きているので、特殊能力をたくさん持っていて、老後の生活費や医療費の心配もしていない人たちです。そもそも、お金がないので、お金の心配をしないんです。きっとお金の心配はお金がある人がするものなんだと思います。

お金がないけど、お金じゃないものはたくさん持っているので、心配もないし、パートナーもいるし、友達もたくさんいるし、とてもゆたかな時間を過ごしています。

ミヒャエル・エンデの「モモ」を読まれたらどうでしょう?

コメントの投稿