稽古着完成。ついでに角帯も。

最近始めた某伝統武術、袴があっさり買えたので、気を良くして袴の上に着る半着も作ることにした。
袴が買えた話はこちら→

いつぞや北野天満宮の市で購入した麻の着物。その頃はまだ男物の着物と女物の着物の区別もよくわからず、縫い直して何かにしよう、というくらいの気持ちで買ったもの。

汚れもあるので、洗って解いて、そのまま反物みたいに丸めて放置してあったもの。
ああ、解くんじゃなかった、と思いながら一から縫うことになった。よく見るとあちこち生地が傷んでいて、穴や擦り切れを避けて裁断。

着物って、衿つけのところなんかも生地を切らずに衿の中に折りたたんで始末するので、衿つけの線とかよくわからないけど、まぁなんとなく斜めかな?という感じで全てにおいてなんとなく、なんとなく作ったらそれなりに出来たような気がします。

ちなみに、このような麻の男物の着物は誰が着てるのか分からないのですが、これを買った当時のことですが、何枚も出てるんです。次に天神さんの市に行くことがあったら、状態の良さそうなものを探して、夏用稽古着の替えにしよう。まだ売ってるんか?


半着制作と同時に角帯。男物の袴だからね、お尻がプリっと上がるように、角帯をキリっと締めて帯の結び目の上に袴の腰板を乗せたいじゃないですか。

家には父の帯もあるけれど、見てみたらどう考えてもお稽古には上等すぎるので、お稽古用に程よいカジュアルなものを探して、オークションでゲット。

えへへ〜、二本も買っちゃった。一本は藍染の木綿。もう一本は博多織のウールと書いてあったけど、これ、木綿だよ。着物の業者みたいだったけど、いい加減だな。

fc2blog_20170309223351996.jpg


縫い物は上手じゃないし、訳も分からずに作った半着で苦労しました。しかも、夏物。
お稽古は夏まで続くのか?今必要な紬は次のお稽古に間に合うのか?

初心者なのに衣装ばかり立派すぎやしないか?という一抹の不安もありますが・・・

なんか出来合いって嫌なんだもの。(中古ならいいのか?そうなのか?)

なんかよく分からないけど、紬の着物は切っちゃったので、あれも完成させねば。
こうやって裏地と八掛が溜まっていくのだなぁ。
胴裏は次に藍を建てたときに濃く染めて、ペティコートにでもしよう。絹のペティコートは着心地いいんだよ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
4月の教室は日程調整中

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。
関連記事

コメント

コメントの投稿