長襦袢は洗う!

着物を着始めた時に困ったのが長襦袢。
これは着物と違って裄さえ合えばあとはどうとでも、というわけにいかない。
そで丈が合わないとなんかイマイチだし、着丈が長いと着物からチラチラ出てくるし、紬と柔らかもので襦袢の素材もちょっと違うみたいだし、着物と襦袢がバッチリあってたらかっこいいけど、リサイクル&お下がりの着物ライフで襦袢問題はなかなか厄介なのでした。

ま、半襦袢にタイの腰巻改造したなんちゃって二部式襦袢があるので、気楽に着るぶんには問題ないのですが、問題になるのはフォーマルな着物、つまり、喪服とか、色無地&黒帯で法事に出席などという場合。(これも出席者は身内ばっかりなので、も誰も何も言わないけれど自分が落ち着かないのです)

白じゃないといけないし、白の襦袢って麻しかない。麻の襦袢で縮緬の着物を着ると中の襦袢が硬くて着物に沿わず、お袖からはみ出したりして、なんかイマイチなのよ。

だから、タイシルクで自作した白の替え袖を着物に装着して、あーだこーだ、と言う苦肉の簡易版。
リサイクル屋さんでも白の礼装用の襦袢はご丁寧に袷になっていたりして、真冬以外着るのは無理!
あ〜、白の長襦袢欲しいなぁ。ないかしら?着物に合わせて仕立てるしかないかしら?などと半分諦めていたけれど・・・
待てば海路の日和あり。「ちょっと大きいかなぁ〜、そで丈も長いなぁ〜」というものがあったのよ〜。

というわけで早速ご購入なさったオクサマ、届いた襦袢を洗いました。
洗う前に身頃の背中で1メートルの印をつけてどれだけ縮むか計ります。

fc2blog_20170426215632ee1.jpg

洗うとビーンと伸ばされていた糸が元に戻るので、織り柄がはっきり出てくる。
予定通り、1割弱縮んで、身丈、裄、袖丈までバッチリサイズになりました。なんという博打でしょう?

それにしても、この襦袢、お袖口を留めてない大袖になっているんだけど、お坊さんの襦袢ってことはないよねえ?

fc2blog_20170426215648adc.jpg

長襦袢をリサイクルで買うのはリスクがあって、おまけに着物のようにお安くないので本当に博打なのですが、賭けが当たると嬉しさ倍増。賭けを外したところで縫い直したり、二部式に改造したらいいだけなので損はない。

いや〜楽しいな。次のオヤジ様の法事は来年の冬かな。今年なのかな?
これでフォーマル襦袢問題が解決して、サイズの合う襦袢が新しくできて(しかも、水洗い仕様!)嬉しいのでした。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
5月は日程調整中。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。
関連記事

コメント

コメントの投稿