日本人のバングラデシュ料理研究。

食べ過ぎ注意なので、あまり研究できないバングラデシュ料理。
いや、食べ過ぎなきゃいいんだけどね、美味しすぎるので、食べ過ぎてしまうのです。対策といえば、品数を控えること。

ダールのスープや揚げ物、練り物系は省略しなければいけないところが悲しい。

先日、夕方買い物に行ったら、マゴチの切り身が半額になっていた。食べる予定はなかったけれど、コチが半額なら買いだろう。

普通に小麦粉を叩いて焼こうと思っていたけれど、ムラムラと研究心が起こってしまいました。

久しぶりのバングラデシュ料理研究。

野菜のミックスカレーに、マゴチとニンニクの芽とトマトのカレー。小松菜炒め。

fc2blog_20170521212029786.jpg

バングラデシュの人たちも魚食いですが、彼らにとって魚といえば淡水魚。
日本人が日本でバングラデシュ料理を研究するならば、海の魚でいかに作るか?ということになるのですが、正直なところ、バングラデシュの人たちが海の魚の美味しさを知って食べ始めたら、日本人の口に入らなくなるんじゃないか、心配。

彼らが海の魚を食べないのは「くさい」からだそうな。流通の問題もあると思いますが、確かに魚の香りは淡水魚と海の魚では違います。日本人には海の魚の方が美味しいけれど、ベンガル料理らしさというと、微妙かもしれません。

しかし、試しに作ったマゴチのカレー

fc2blog_20170521212051a29.jpg

なんでもうひとパック買わなかったんだ!と自分を責めるほどの美味しさでした。

晩ご飯は菜っ葉炒めにサラダを足して。
庭のドニヤパタ(パクチーというタイ語で日本に定着しちゃいましたね)もトッピング。

fc2blog_2017052121210882d.jpg

いや、いかん。ご飯を食べすぎる。この美味しさはなんだろう?いつも不思議に思うのですが、どうしてこんなに美味しいんだかさっぱりわかりません。

今日の研究。
マゴチのカレーは素晴らしい。ナマズに匹敵します。日本人、なんでナマズ食べないのかしらね?

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
5月25日(木) 春の野菜の和食のお惣菜。
日曜コースはお休みです。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。
関連記事

コメント

コメントの投稿