埼玉までお見舞いに行く。

母は面倒くさがりである。
すぐに「いや、めんどくさい」と言う。

わたしが面倒くさがりなのは母の遺伝なんだ。子供の頃わたしが面倒くさがるのを母からよく叱られたけど、不甲斐ない自分をみているようで腹立たしかったのだろう。

しかし、自分の個性が気に入らないからといって、同じ性質を引き継いだ子供を叱ったってどうしようも無いだろう。虐待だな、あれは。

ま、そんな昔の話はいいのだ。めどくさがり屋の母である。面倒くさがりだけど、人が連れて行ってくれるならいろんなところに行きたい。毎日退屈してるのだ。

母の妹がもうあまり良くなくてずっと入院している。今ならまだ話しもできるし、この日ならわたしが一緒にいけるから行こうよ、と誘ったら・・・

「行きたくない。あの子のあんな姿観たくない。遠いし、乗り換えとか大変」

一緒に行くからさぁ〜、いまならまだ話しもできるからさぁ〜、行こうよぉ〜

「遠いから嫌。不便なところらしいよ」

不便って、大阪からいくなら遠いも不便も一緒じゃない。病院なんだから、バスもタクシーもあるわよ。

かなり強引だったと思う。おじさんに連絡して、横浜のもう一人の母の妹も誘って、出かけてきた。

fc2blog_20170623200643c5e.jpg

新横浜でもう一人の叔母と合流し、八王子で乗り換えたら単線だし、山の中だし、茶畑はあるし・・・素敵なところだ〜。

地名を見ていたら、埼玉で農業やってる友達の住所と同じ地名が出てきて、へ〜、こんな所でやってるんだぁ〜と思ったのでした。
知らない所に行くのは楽しいな。

高麗川の駅からタクシーで病院。
医大の病院はちょっと気が滅入る感じで、こんな病院の6人部屋に入れられて、おばさんも面白くないだろう。

叔母は久しぶりに笑顔もでたとかで、頭もしっかりしていて、時々夢うつつではあるけれど、わたしのこともちゃんとわかってくれて、お見舞いを渡すと「貧乏なぺんぎんちゃんからもらえないわよぉ〜」と言われてしまう。

ま、貧乏だけどさ、お金は邪魔にならないでしょ。

叔母は翌日家の近くに病院に移った。これもやっとベッドが空いて移れることになったらしい。車を運転しないおじさんはうんと助かるだろう。

おじさんは優しい人で、精一杯あれこれ世話を焼くのだけれど、気が利かない、といつもおばさんから叱られて、おじさんはニコニコしている。

おばさんは自分の遣る瀬無さをそっくりそのままおじさんにぶつけて、さぞかし切ないことだろう。

「おばさん、悪態ついてもいいけど、5分後にはごめんね、って言ったらいいよ」
と余計なお世話を言ったらおばさん笑ってた。

家に戻って母は「本当に行ってよかった」と何度も言っていた。

いつまで話できるかわからないけど、母さんは時間もあるし、足も達者だし、新幹線3割引なんだから、何度でも行けばいいじゃない。姉妹なんだから、何度でも会えばいいじゃない。

面倒くさがってないで、何度でも行けばいいと思うのです。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
6月26日(月) ニンニクのプレザーブとアクアパッツア
7月は日程調整中。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。
関連記事

コメント

No title

ぺんぎんさん、さすが!
うちの母もそうでした。姉さんたちの弱った姿見たくないとかよく言ってました。でも、会えるうちに会って、キリがないけどいっぱい話しておくのは、いいですよね。母は、今年は、六人もいた兄姉みんな亡くなってしまって見舞先もないもん。ぺんぎんさん、いいことされましたね。(^ ^)

Re: No title

> Hさん、

いや〜、さすが!って褒めてもらうほどのことはないんですけど・・・
母の兄弟姉妹は成人した人たちは皆健在なので、初めてお見送りすることになります。

おばさんは脚が痛くて歩くの大変だったのに、父の見舞いに一度、お葬式にも大阪に来てくれて、本当にありがたかったです。
思えば、あの頃から癌だったのねぇ。

おばさんの悪態がどこかの誰かさんにそっくりで・・・あはは〜。ぽりぽり。

コメントの投稿