益田まで出かけて途中で鯵の詰め放題。

ちょいと益田の美術館に行きたくなって、出かけてきた。
広島から二時間くらい。

浜田のお魚センターで簡単にお昼を食べて、お店を冷やかしていたら、朝採れたばかりの鯵の詰め放題をやっていた。
もうおしまいモードで「持って行ってちょーだい〜」という雰囲気だったので、三百円で詰め放題に参加することにした。

小さなビニール袋を渡されて、「では、これにどうぞ」

これって、3尾くらいしか入れへんやん?

「5尾入れた人いますよ。ちょっとだけでも入ってたらいいですから。まだいけますよ」

などと煽てられて袋に魚を詰め込んでいたら、7尾も入れてしまった。
氷の入った小さいクーラーボックスに入れてくれて、今日の晩御飯は決定。

魚をトランクに詰めたまま、本来の目的地へ。

fc2blog_20170629215239664.jpg

すごいお金のかかった総合文化ホール。広響の定期公演もあるらしい。映画の上映なんかもやるらしい。そりゃ、益田にサロンシネマはないからなぁ。

こうやって考えたら、広島って大都会で文化もたくさんある良いところのような気がしてきた。

美術館の展示は期待したほどのことはなく、根付の展はちょっと面白くて、なんだか魚を買いに来ただけのようなドライブ。

fc2blog_2017062921533576b.jpg

グラントワのカフェで一休みして一路家に。

さて、三百円で魚をたくさん買ったので帰ってからが大変。

全部三枚おろしにして、骨を抜いて、骨は骨でぶつ切りにして塩をまぶして、魚のフィレは一部は〆。一部はタタキ、そして残りは胡麻鯵に。

fc2blog_20170629215440cc7.jpg

骨は大量にあるので、1/3だけ骨せんべいで後は冷凍保存。

fc2blog_20170629215410bf9.jpg

連れ合いはちょっと一杯飲んだりして・・・
私はやっぱりご飯に乗せてぇ〜。

fc2blog_20170629222126ecb.jpg

はぁ〜、疲れるわ。

「何も全部刺身にせんでも、塩焼きで食べたら?」、と友達が呆れていたけれど、こんな時は沼津人ハーフの血が騒ぐのか、尋常ではいられないのでした。

沼津人の母としては全部叩きでどんぶりで食べたい、という感じだろうけれど、私には大阪人の血も混じっているので、〆は外せないし、広島に住むようになって九州人の反則みたいな美味しい食べ方も知ったので、胡麻の漬けだって作るのだ。

鯵は美味しいなぁ。昼に買って夕方まで持ち歩いた鯵でしたが、内臓も全然崩れてなくて、浜田港おそるべし!だったのです。

んで、鯵は良いけれど、高速代やガソリン代を考えたら、300円の詰め放題でゲットした鯵、高かったんだか、安かったんだかよくわかりません。
ま、楽しかったから良いか。

漁協の若中年のお兄さんたち、妙に上品で洗練されてて、お育ちも良い感じの人たちで不思議でした。市役所にお勤め?っていう感じだったんだけど、漁師さんなのかしら?
ありがとうございました。


いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
7月は日程調整中。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。
関連記事

コメント

コメントの投稿